1/25(金)神奈川県の老人ホームで入所者の女性が死亡

2019年1月25日(金)「神奈川県横須賀市の老人ホームで強盗殺人事件」

神奈川県横須賀市の老人ホームで24日に入所者の女性(89)が死亡し、死因が窒息と判明したことから、県警は25日、殺人事件と断定した。 女性の口座から現金を引き出した疑いで逮捕した施設職員の男(31)が事情を知っているとみて調べる。 (引用:yahoo!ニュース)

 

再び、介護職員が起こした事件

こういう事件があとを絶たない。 だから介護職はいつまでたってもバカにされるのかも。本当にやめてもらいたい。真面目に一生懸命に介護に取り組んでいる人達はたくさんいる。そういう人達はこういうニュースを見るたびに怒り、悲しんでいると思う。 介護の現場って深刻な人手不足だから、就職を希望して来た人にはめったなことではNGを出さないからね。面接合格率100%だから! 少々問題ありそうな人でも雇っちゃうところがある。猫の手も借りたいぐらいなので仕方ないのかもしれないけど、それでは何も改善されない。むしろ、悪くなる。 悪い人がいる職場では、いい人が辞めていく。いい人は悪い人がいない職場へ転職する。すると、悪い人だけが残った職場はさらに悪化する・・・悪循環ですよ。かと言って入居者はなかなかよそへは移れないから、被害を受けるのは立場が弱い高齢の入居者になっちゃいますよね、どうしても。 どうやって悪循環を断ち切るか、そこを真剣に考えないと、また同じ事件は起こるに決まってます。

ネットのコメントでは

このような事件が起こるたび胸が痛みます。 慢性的な人手不足などさまざまな問題は解決するのは難しい。
 
殺人と、窃盗、ただの犯罪者です。 介護と結びつけないでいただきたいですね。 人手不足の中、犯罪者が雇用されてしまったということです。
 
こういうことで、本当にきちんと介護している施設や介護職員まで疑われるのは、正直やってられないです。