終わりが見えないことが、一番つらい

介護の何が辛いって、

それは、終わりが見えないこと。

そんな時は、

「一日一生」と心得よ。

 

今日だけ頑張れば良い!!」と考えよう

介護は、必ず終わる日が来る

苦しみは「いつか終わる」と分かっていても、その終わりが見えないことが一番つらいんじゃないかと思います。

 

また、介護の場合は『終わる=介護する人の死』と考えてしまいがちで、終わりを望むのはいけないこと、って思ってしまいますよね。けど、いつか必ず終わりは来るし、正直、早く終わりが来て欲しいと思う時、ありませんか? でも、それは”早く死んでほしい”というのではなくて、ただ単純に、介護生活を終わりにしたい、という意味ですよね。

 

そして、終わりが『死』ではないとしても『別れ』であることは確実でして、介護してた人が施設へ入ったとか、ほかの家族に任せることになって離れたとか、事情はいろいろあるでしょう。

 

「介護はいつか絶対に終わる」それはそうでしょうけど、問題はそれがいつなのか。介護は、先の見えない長いトンネルの中をさまよう辛さがあります。

 

「苦しい時は、必ず過ぎ去る」
介護してると、心が折れそうになる時がたびたびある。 私が辛く苦しい日々に沈んでいる最中、ネットで見つけたこの言葉。 「苦しい時は、必ず過ぎ去る」 今の苦しみは永遠には続かない、という話 先...

一日一生(いちにちいっしょう)の心得

今日の自分は、今日でおしまい。

今日だけ、がんばれば良い。

これは、酒井雄哉さん(2度の回峰行を達成した天台宗の僧侶)のお言葉。

 

「一日一生」は本のタイトルです。20万部突破のベストセラー。

 

本の内容を一部ご紹介

●一日が一生、と思って生きる
●身の丈に合ったことを毎日くるくる繰り返す
●仏さんは、人生を見通している
●人生は「いま」この瞬間にしかないから
●今日を大事にしなかったら、明日はない
●長い道のりも、一歩一歩の積み重ね
●行いが結果になって表れる
●人は恵み恵まれ、徳は巡り巡っていく
●ありのままの自分としかっと向き合い続ける
●「一日」を中心に生きる
●人は毎日、新しい気持ちで出会える

 

「一日を一生のように大切に生きよ。明日はまた新しい人生」

要は、先のことは考えず、『今日だけ頑張ればよい』ということ。

そうしているうちに、光が見えてくるという。

まとめ

私も、「今日だけ頑張る」という考え方に何度も救われています。

 

先のことを考えた時、不安なことばかりが頭に浮かび、あまりにも暗い将来に落胆した自分を「とりあえず、今日だけ頑張ってみよう」と励ましながら、なんとかやってきました。

 

黙々と、その日やるべきことをこなしてる今に集中して過ごす。すると、いつの間にか夕方になっていて、晩ご飯を食べてお風呂に入ると、もう夜になっている。あとは布団に入って目を閉じればよい。

 

そしてまた、次の一日が始まって、また「今日だけ頑張る」

 

これの繰り返しで、一週間、一か月、半年と時は経ち、その頃には状況も変わっていることでしょう。