【やってみよう!】介護ストレスを軽減する方法

介護ストレスを軽減する方法なんて、

本当にあるのかな?

この記事は、介護のストレスに押しつぶされそうな人向けです。
介護ストレスを軽減する方法

スポンサーリンク

介護ストレス

介護に限ったことではありませんが、ストレスを溜めると病気になります。

・睡眠障害
・うつ病
・摂食障害
・買い物依存症
・胃潰瘍
・円形脱毛症
など。

睡眠障害と胃潰瘍になった話

私は「睡眠障害」と「胃潰瘍」になりました。

私の睡眠障害は、毎日夜中に何度も目が覚めてしまう途中覚醒です。どんなに疲れていても、なぜか必ず毎晩、同じ時間に目が覚めます。なので熟眠できません。それは今でも続いています。

胃潰瘍になった時は、家で起きられなくなり、動けなくなって一週間入院しました。
私が入院している間は、母に頑張ってもらって父の介護を一人でやってもらいました。まだその頃の父は要介護3で、今ほど手がかからず、なんとか乗り切りることが出来ました。

胃潰瘍で入院する2ヶ月くらい前から、病気の前兆はありました。
空腹になると胃が痛くなり、自分でも「おかしいな」とは思っていました。けど、介護している人がいるので、自分のことは後回しです。病院に行く時間もありませんでしたし、そもそも病院へ行く気が全くありませんでした。

結果、即入院となりました。

介護ストレスを軽減する方法

介護ストレスを少しでも軽減するには、介護から離れる時間を少しでも多く作ることです。

「そんなこと、わかっとるよ!」

と、言われてしまいそうです。すみません。
一番良いストレス軽減法は、要介護者にショートステイに行ってもらうことですが、それが出来ないことも多いです。うちの父もショートステイには行ってくれません。

 

【ショートステイ拒否対策】ショートに行かせる方法
ショートステイに行ってもらいたいのに、拒否するおじいちゃん。 デイサービスには行ってくれるけど、お泊りは絶対に嫌だと言う。 介護する人のためにも、 ショートステイを利用させる良い方法はないかな? ...

 

介護から離れることが出来たら苦労しませんよね。離れられないからストレスが溜まっているわけです。けれど、そのままにしていたら本当に病気になってしまう。だから、無理してでも介護から離れる時間を作ることが重要です。

自分の呼吸に集中してみる

これは私もやっています。

腹式呼吸をするとセロトニンという幸せホルモンが活性化され、ストレスが緩和されます。こうして自律神経を整えることにより、リラックス効果が得られます。椅子に座っていても出来るし、寝ているときも出来ます。(私は夜寝る前に布団の中で良くやります)

腹式呼吸のやり方と効果のほどは、詳しく解説されているサイトがたくさんあるので、そちらをググってみて下さい。

たかが呼吸、されど呼吸、です。
集中している間は、脳が介護から離れられます。

本を読む

本を開くと、別世界に飛んでいけます。
雑誌でも、漫画でもいいと思います。自分が好きなジャンルの活字を追うことで、介護から離れることが出来ます。

美味しいものを食べる

今日頑張った自分へのご褒美として、少々贅沢でも好きなものを食べることを自分に許します。私は実家からの帰りに、よく美味しい焼きたてパンをひとつ、自分へもご褒美に買います。それを食べながら、好きな音楽をボリュームいっぱいにして聞いて帰る車の中のひとり時間がとても癒しになります。

同じように介護してる友達と話す

同じように親の介護をしている友達と、苦労話を言い合います。同じ境遇で同い年の学生時代からの友達と話すことで、「大変なのは自分だけじゃないんだ」と分かります。共感してもらえる人がいるというのは嬉しいもので、話している間はこころが解放されます。

外に出る

家の中で煮詰まったら、一歩でもいいから外へ出てみてください。
外の空気を吸うことで、少し気持ちが変わります。そのまま近所をお散歩するのも良いです。歩くことで、脳が活性化され、違う考えが浮かびます。

私は雑草を取ることで、とてもリフレッシュできます。
家の前の小さな花壇に生えた雑草を、ひとつ残らず綺麗に取る作業に集中していると、頭から介護が離れます。雑草を取ったあとはすっきりして気持ちがよく、ストレスが軽減されていることが分かります。

まとめ

自分が集中できるものを、身近に見つけることでストレスを軽減させます。

たとえば、千羽鶴を折ってみるのはどうですか? 好きな絵のジグゾーパズルをやってみるとか。

手先を使った何かをすると良いそうです。料理とか、手芸とか。是非、見つけてみてください。

 

【無理やりでもOK!】笑顔を作ってみよう♪
医療の現場でも、 「笑い」を推奨しています。 たとえそれが ”作り笑い” だとしても、 うれしい効果があるという。 この記事は、ここしばらく笑っていない人向けです。 笑顔を作って、介...

 

コメント