【良いケアマネージャー】見分け方。嫌なら変更可!

今のケアマネージャーとはどうも合わない。

できれば変えてもらいたい。

良いケアマネを見分ける方法ってあるの?

この記事は、今のケアマネージャーに不満がある人向けです。
【ケアマネは変更可能!】良いケアマネの選び方

ケアマネージャーは変更できる!

今のケアマネージャーが、イマイチ頼りない、どうも合わない、と思っているなら、迷わずケアマネを変えましょう。

 

ケアマネージャーもピンキリです。全てのケアマネさんが優秀だとは限りませんし、利用者との相性もあります。なので、「合う or 合わない」が出てきて当然です。

 

介護保険サービスを利用するうえで、ケアマネの良し悪しが利用者の生活を左右することにもなりますから、見極めは大事です。

 

大きな声では言えませんが、手抜きばかりするケアマネもいますし、口ばっかりのケアマネもいます。ケアマネに不信感を抱いたら、我慢しないでケアマネの変更をしましょう。

ケアマネージャーの変更方法

ケアマネを変更する方法は、3つあります。

1.今の居宅介護支援事業所(介護サービス事業所)へ相談する
2.別の居宅介護支援事業所(介護サービス事業所)へ相談する
3.包括支援センターまたは役所の介護窓口に相談する

順番に見ていきましょう。

今の居宅介護支援事業所(介護サービス事業所)へ相談する

今現在利用している介護支援事業所のサービス提供責任者か所長に、ケアマネ変更希望の相談をします。そういう相談をしたという事実を、当のケアマネには内緒にしてもらうことも可能ですので、後々、今のケアマネと関係悪化を心配する必要はありません。

 

ケアマネ変更希望は普通にあることなので、自分(利用者側)が罪悪感を持つことはなく、堂々と変更を申し出ましょう。介護事業所の方でも悪く思うことはありませんのでご安心を。

別の居宅介護支援事業所(介護サービス事業所)へ相談する

ケアマネも含めて、今利用している介護支援事業所事態を変えたいということであれば、別の居宅介護支援事業所へ相談に行けばOKです。

 

介護支援事業所を変更しても、今受けている介護サービスは変更することなくそのまま利用することが出来ます。今通っているデイサービスや入浴施設を変えることなく、介護事業所とケアマネを変更できます。

 

ただ、ヘルパーの訪問を受けているのであれば、ヘルパーさんは変わってしまいます。ヘルパーは介護事業所に所属している人なので、同じヘルパーを違う介護事業所から派遣することは出来ません。

包括支援センターまたは役所の介護窓口に相談する

介護区分が「要支援」の人は、担当ケアマネージャーは包括支援センターの人なので、ケアマネ変更依頼は包括支援センターか、市区町村の介護担当窓口に相談します。

 

まずは電話でその旨を伝えればいいと思います。

ケアマネージャーの見分け方

良いケアマネージャーと思っていたけど、付き合いが長くなるにつれ不信感が芽生えたりすることもあると思います。第一印象ではなかなか見抜けないものです。

最初の面談で出来るケアマネチェックポイント

・利用者と家族の話を遮ることなく、良く聞いてくれる
・分からないことはとことん分かるまで説明してくれる
・各サービスの利用料金をきちんと提示してくれる
・どんな質問にも明確に答えてくれる
・表情が明るく、笑顔で目を見て話してくれる
・謙虚に礼儀正しい

まぁ、普通といえば普通かもですが…(;^_^A

 

他に、ケアマネさんへ出したお茶やお菓子に手を付けるようなケアマネは駄目です。ケアマネをはじめ、介護関係者は利用者宅でお茶やお菓子をいただいてはいけない決まりがあります。ヘルパーでも、です。いくら勧められても断わるのがマナーとなっています。

 

理由は、介護の仕事の報酬は税金から出されているので、お茶して話している時間なんか無い!ということです。お客様ではないのだからお茶は不要という考えです。

 

出されたお茶、ましてや勧められたお茶は断りにくいですが、そこをきちんと上手く断ることが出来るケアマネは信用できると思います。

月一回の定期訪問で出来るケアマネチェックポイント

ケアマネージャーは毎月1回は必ず利用者宅を訪問し、利用者と家族に翌月のケアプランを提示して、それでよければ印鑑をもらうことが義務付けられています。

 

この時、1時間くらいかけて利用者と家族の近況をじっくりと聞き、悩みがあれば解決策を提案してくれるケアマネなら良いと思います。

 

昔、私が見た最低なケアマネは、独居の認知症の利用者宅へ、ただ印鑑をもらうためだけに訪問していました。利用者が認知症だから何も言わないし、手抜きしてもバレないだろうと思ったんでしょうね。ちょうど私がヘルパーとして訪問しているときに来たそのケアマネは、印鑑のある場所が分かっていたので勝手に印を押し、ケアプランの控えを机の上に置き、利用者には「また来ますねー」とだけ声をかけ、5分足らずで帰って行きました。

 

たとえ相手が認知症でも、話はできるんだからそれはダメでしょ、と。

問題発生への対応で見るケアマネチェックポイント

利用者に新たな問題が発生したとき、頼りになるはずのケアマネが頼りにならなかった、ということはありまんか?

 

「後日、連絡します」と言っておきながら三日以上放置だったり、最悪、無視だったり。それで再びこちらから連絡しても繋がらなかったり。これはもう、最悪ですね。ダメです。

 

問題発生に対し、すぐに解決方法を2~3通り提示してくれるケアマネは良いケアマネです。

 

ここでまた昔の私体験談です。

ある利用者宅で、お風呂の浴槽にまたいでは入るのが困難になってきたので踏み台を用意して欲しいとの利用者さんの要望をケアマネに私が電話で直接伝えました。すると「後日伺います」との返事でしたが、一週間経ってもケアマネの訪問は無く、再度私が電話で要求しましたが、その後もケアマネの訪問はありませんでした。これは完全にアウトなケアマネです。

まとめ

我慢は禁物。
利用者にとってケアマネは本当に大事な存在ですから、良好な関係を築ける人を選んでください。