【子供の義務なの?】親の介護

親の介護は子供の義務なの?

そんな法律、あるの?

この記事では、親の介護は子供の義務なのか?という疑問に答えます。
法律で決まってる!親の介護は子供の義務である
(ちなみに、民法・憲法・刑法をまとめて法律といいます)

民法877条「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」

直系血族とは、親子、祖父母と孫、兄弟姉妹、夫婦のことで、相手が独力で生活できない場合は、その相手を扶養しなければいけない、ということが民法877条で定められており、親の介護もこれに含まれます。

扶養とは、自らの資産や労力だけでは生活を維持できないものに対する援助のことをいいます。

親が未成年の我が子に対して負う扶養義務も、この877条に当たりますし、年老いて自力での生活が難しくなった親に対して負う扶養も義務であると877条で定められています。

要するに、法律上、「親の介護は子供の義務である」ということです。

親の介護義務は、どの程度まで果たせばいいのか

実親を介護する扶養義務が子供にあるのは分かったけど、どの程度まで扶養すればいいのか、どこまでの義務があるのか、という問題。民法には「扶養」についていくつか規定が設けられています。

生活保持義務

親が未成年の子供を、あるいは、夫が妻を扶養する義務のことを「生活保持義務」といい、自分と同じ程度の生活を保障しなくてはいけないことになっています。

生活扶助義務

子供が親を、親が成人した子供を、兄が弟を扶養する義務のことを生活扶助義務」といい、実親の介護はこれに該当します。「生活扶助義務」は、自分の生活を犠牲にしない程度で援助すれば良いとされています。

つまり、親の介護は、自分の生活を維持しながら出来る範囲内ですればOKなのです。そして、扶養する側に余力がなければ、親の世話を強制することはできないということでもあります。

親に対する扶養義務といっても、何も仕事を辞めてまで面倒を見ろというわけでないし、自身の健康を害してまで見なくてもいいのです。

けど、実際問題として、そうはいかないですよね。介護離職は余儀なくせざるを得なかったりするし、介護する側の健康維持は難しいです。

私もバイトでしたけど、親の介護に時間を取られ、職場に迷惑をかけるので辞めました。
職場の人達は、「いいよ、大丈夫だよ、お父さんを大事にしなよ」と言ってはくれましたが、親の体調によって仕事を連日休んだり、急に早退したりしたので、みんなに迷惑をかけていることは分かっていました。
そんなことが増えてきて、そのうち居づらくなって、結局、退職しました。
…そうなっちゃいますよねー、どうしても。。。
自分の健康だってギリギリですよ。
というか、介護してる人はすでに体調不良だったりしませんか? でも、自分が病院へ行く余裕なんて無いし、親に心配かけるわけにはいかないし。介護してる人は我慢して無理しないと、どうにもならない状況にあったりしますから。真面目な介護者ほど、自分のことは後回しですよね。

親を介護する義務は、長男・長女にあるのか

「長男・長女が親の介護をしなくてはいけない」という法律はありません。

一般的な昔からの考えで、長男・長女が家を継ぎ、親の面倒を見るといったことを言われてしまいがちですが、そういった定めは全く無くて、親の扶養義務は子供全員に平等にあります。

現実的な状況などを家族で話し合い、誰がメインで親の面倒を見るか決めればいいことです。とは言え、兄弟誰もが親の介護を拒否する場合もあるわけで、そうなった時は、家庭裁判所に調停 or 審判を求めるしか…。面倒だけど、それが一番公平な解決につながると思います。

家庭裁判所では、兄弟の扶養割合を経済・家庭状況を考慮した上で決めてくれます。あるいは、親を施設に入れた方がいいのか、とか、扶養の具体的な方法なども提案してくれます。

第三者が入ることで、泥沼から脱出する方法です。「裁判」なんていうと、大げさで、お金も時間もかかりそうで、できれば避けたい。でも、親の介護問題を解決するためには、こういったことも必要になるかも、ということです。

長男の嫁は、夫の親を介護する義務があるのか

結論から言うと、長男の嫁には、夫の親の介護義務は法的にはありません。
理由は、「妻は夫の親の子ではないから」です。

実は私は”長男の嫁”です。
法律的に義父母の介護義務がないとはいえ、家は近いし、私には介護の経験もあるし、何もしないわけにはいかない、と思っています。本音を言うと、何もしたくありません。姑とはどうも合わないので。
けれど夫は、自分の親の介護はしなくてはいけません。夫は私の親の介護に協力してくれたので、私も夫に協力はするつもりです。結局、「私には関係ないから」とはいかないです。

すでに夫の親と同居の場合

ただ、すでに夫の親と同居している嫁は、民法第730条「直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない」ということによって、介護の義務が生じます。

まとめ

親の介護は子供の義務なんですね。

世の中には、一生介護とは無縁の人もいるし、私みたいに介護にどっぷり漬かっちゃった人もいる。
介護をしなくて済むなら、絶対にしない方がいいに決まってる。またに、「親の介護ができて幸せだった」という人がいるけど、親は介護を必要としないほど元気でいてくれた方がいいんだから、「介護ができて幸せ」というのはないと思う。

確かに、親を介護したからこそ出来た経験は得難いものだし、介護の苦労の中でしか見つけられない幸せが有るのも知ってる。でもやっぱり、老いて弱っていく親を見る辛さは特別なものがあり、自分の時間もかなり犠牲になるので、そういうのがなく生きて行けた方がいい。

「亡くなる前日までいつも通りの生活をしていた親」それが私の理想です。平穏死っていうのもいいな。介護が要らない親、介護をしなかった子供。これが一番いい。親孝行なら、介護じゃない他の形でしたかった、と今思っています。