【熱中症】水を飲まない高齢者はどうしたら良い?

高齢者の熱中症対策。
お年寄りはあまり水を飲んでくれない。

どうしたら良いの?

この記事は、水をあまり飲んでくれない高齢者に困っている人向けです。
こまめな声掛けで、水分補給を促すしかない!

高齢者が水を飲もうとしない理由

うちの父もそうなんですが、高齢者は圧倒的に水分補給不足です。

 

いつでも水が飲めるように、父が起きて椅子に座っているときは必ず、机上に冷たい水を用意してあります。手を使わなくても飲めるよう、ストローを挿した状態で置いてあるというのに、飲んでくれません。

 

「熱中症になるから、一口だけでも飲んでよ」と言っても、「飲めない、いらない」と拒否します。

 

高齢者が水を飲もうとしない理由は主に2つ。

1.水分不足に気づいていない(のどが渇いていることを自覚していない)
2.トイレに行く回数が増えるのが嫌
詳しく見ていきましょう。

1、水分不足に気づいていない

老化が進むと、様々な感覚が鈍くなっていきます。
高熱があっても気づかずにいたり、どこか痛みがあっても気が付かないこともあります。

 

同じように、のどが渇いていても、身体が異常に暑くても、気がついていない高齢者はたくさんいます。だから水を飲む必要性を感じることなく過ごしていて、ある時突然倒れたりします。

 

自分が水分不足だと1ミリも思っていないのだから、いくらまわりの人間に「水飲んで」と言われても飲みませんよね。必要としていないのだから。

 

2.トイレに行く回数が増えるのが嫌

うちの父がよく言う水を飲まない理由はこれです。

 

要介護4の父は一人でトイレに行けません。というか、ズボンを脱ぐことさえ出来ないので、トイレに行くのは簡単なことではないのです。人の手を借りないと移動も不可能ですから、できればトイレに行きたくないのです。

 

「水を飲む=トイレの回数が増える」これが単純に嫌なんです。だから水を飲まない。。。
困ったもんですね(-_-;)

 

 

少しでもいいから、水分を補給してもらう

また、父は糖尿病で、甘いものが大好きです。
ただの水は積極的に飲みませんが、少し甘い味をつけると飲んでくれたりします。

 

糖尿病なので、本当は甘いものは控えるべきなのですが、夏は熱中症の方が怖いですからね、少し味をつけるだけで水を飲んでくれるなら、その方が良いかな、と思っています。

 

「少し甘いだけの飲み物」は市販されていないので作ります。

 

よく作るのが「カルピス」。乳酸菌も入っているので身体に良さそうですし、濃さを調整できるので◎です。味のバリエーションも豊富でありがたいです。

 

あとはスポーツドリンクのパウダーを使って、超薄いスポーツドリンクを作ります。スポーツドリンクにはミネラルや塩分も適度に入っているので◎です。

 

これらを250mlのペットボトルに入れて持ち歩いています。
これくらいなら小さいから重くもないのでね(^^)苦ではないです。

 

【重要】諦めずに「声掛け」を!

高齢者に「水を飲んで」と言っても拒否されることが多いかもしれませんが、だからと言って声掛けを止めてしまったら、本当に危険です。まったく水を飲まなくなってしまいますからね。

 

なのでもう、断られても諦めずに「声掛け」を続行し、少しでも水分を補給してもらうしかありません。

 

これに尽きると思います。

 

水がだめなら、経口補水液のゼリータイプがおすすめです。
うちの父も、これは飲んでくれました。

 

【送料無料】大塚製薬オーエスワンゼリー(OS-1)経口補水液【200g×30袋】1ケース【1CS】【smtb-TD】【RCP】【送料無料*沖縄地区は除く】【4987035576211】【塩/水分補給/脱水/熱中症/CM品/ポカリスエット】

価格:5,182円
(2019/7/30 14:45時点)
感想(55件)

まとめ

毎年この時期は、毎日多くの人が熱中症で救急搬送され、高齢者の方が亡くなっています。

 

高齢者本人はなかなか熱中症に気が付かないし、予防も対策もしないので、周りにいる介護する人が気を付けてあげなければいけません。介護する人も、夏はよりしんどいんですけどね、仕方ないです(´;ω;`)

 

先輩に聞いた話によると、「ミネラル入り麦茶」はおススメだそうです。
発汗で失いがちなミネラも補給してくれて一石二鳥だという。

 

よければ、是非!