【本当!?】認知症になりにくい血液型

介護する人

O型の人は、認知症になりにくいらしい。

血液型によって、かかりやすい病気がある。という話。

血液型別 かかりやすい病気

血液型で性格をう占ったりしますよね。あなたは信じますか?
私は、良い結果は信じるけど、悪い結果は信じません(笑)これじゃ、占いの意味がないですね。

血液型は今日の運勢を知るだけではなく、かかりやすい病気を知ることができるそうです。これは科学者が学会で発表したものだから、信じていいと思っています。

A型のかかりやすい病気

・胃がん

・糖尿病

・心筋梗塞

・脳梗塞

B型のかかりやすい病気

・膵臓がん

・結核

・肺炎

・気管支炎

O型のかかりやすい病気

・十二指腸潰瘍

・胃潰瘍

・自己免疫疾患

AB型のかかりやすい病気

・脳卒中

・インフルエンザ

ちなみに私はO型なんですが、確かに胃が弱い。ストレスを感じると真っ先に食欲がなくなる。決定的なのは、45歳の時、十二指腸潰瘍で入院した。上記の「O型のかかりやすい病気」にぴったり当てはまる!

認知症にかかりにくい血液型はO型

血液型によってかかりやすい病気があると同時に、血液型によってかかりにくい病気もある。

気になる認知症にかかりにくい血液型はO型だそうで、私としては嬉しい限り。だからと言って、絶対にそうならないわけではない。私の父(88才)もO型だけど、認知症になってる。MRI画像では、脳の萎縮率は年相応だということですが、物忘れが激しい。立派な認知症だ。

ということで、”統計的にはそうだけど、油断禁物”ということですね。

まとめ

血液型でいうと、一番免疫力が高く病気になりにくいのはO型で、その逆はA型やAB型だという。

私の祖母はA型だったけど、97才まで認知症もなく長生きしました。結果的には人それぞれだと思います。ただ、「そういう傾向にあるから注意しよう」ということですね。