【夜中のトイレ介助から解放!】自動排泄処理装置

自動で排泄介助をしてくれる、超ありがたいマシン。

これがあれば、夜中のトイレ介助に何度も起きなくて済む。

介護保険適用でレンタルも可能!

この記事は、夜中に何度もトイレに起こされ寝不足が続いている人、排泄介助が苦痛な人向けです。
寝たきりの人の排泄介助に!自動排泄処理装置

自動排泄処理装置とは

寝たまま排泄しても、それを吸引し、おしりを洗浄して、なお且つ温風で乾かしてくれるという、めちゃ便利でありがたい装置です。もちろん、全自動フルオート!

紙おむつが嫌いな人、紙おむつでは排泄できない人、に良いと思います。ただ、これを装着中は寝返りが出来ませんので、寝相が悪い人は無理かも、ですね。でも実際、「寝たきりの方」というのは、寝ている間もほぼ動きませんから、基本的に問題ないはずです。

何よりこの自動排泄処理装置は、介護する人の強力な助っ人です。なのに、介護の現場にはまだ馴染みが薄いシロモノ。万年人手不足の介護施設にこれがあれば、どれだけ助かることか。もっと普及すればいいのに!!と思いませんか?

どんな自動排泄処理装置があるのか

※メーカーによって詳細は異なりますが、基本的には同じです。

 

これだけではありません!
もっと色々な会社から、色んな自動排泄処理装置が販売されています。
ただ、やはり、問題はその値段です。
1台おおよそ60万円~と、かなり高額。このお値段では個人購入は難しいですね…(-_-;)

介護保険の「福祉用具貸与サービス」が適用

嬉しいことに、自動排泄処理装置は介護保険でレンタルすることができます。

自動排泄処理装置 レンタル可能対象者

自動排泄処理装置には、尿のみ処理できるものと、尿と便の両方処理できるものがあり、レンタル可能対象者が違ってきます。

【尿のみ処理装置】要支援1~要介護5
【尿と便処理装置】要介護4~要介護5

また、レンタルできるのは自動排泄処理装置の本体だけです。交換可能部品であるレシーバーやチューブ、タンク等、尿や便の経路になるものは購入となります。ポータブルトイレと同じで、他人が使ったものを、いくら綺麗に洗浄したとしても、再使用するには衛生上の問題があるからです。

自動排泄処理装置 レンタル料金

気になるレンタル料金は、おおよそ9000円/1ヵ月です。
貸与する自動排泄処理装置の機種により金額は多少前後します。

繰り返しになりますが、貸与できるのは本体のみで、他に必要な部品は全額自己負担になるのでご注意ください。

2012年から自動排泄装置が介護保険でレンタルできるようになり、当初の利用者数は6000件弱でした。それが2017年には12500件に増えました。今後はもっと増えると予想されます。

【レンタルがお得!】介護福祉用具は買わない方が良い理由5つ
介護ベッドや車いすの介護福祉用具は、 自費で買うよりレンタルの方が断然お得! この記事は、介護用具を買うか借りるか悩んでいる人向けです。 介護ベッドや車いすは、買うよりレンタルがおススメ! ...

 

まとめ

この「自動排泄処理装置」も介護ロボットの仲間です。
介護現場での人材不足を解消するために、介護ロボットは次々と開発されています。本当に使える便利なものが出来て、介護する人の苦労が少しでも軽減されると嬉しいですね。

介護の中で苦労することベスト3

1.排泄介助(62%)
2.入浴介助(58%)
3.食事介助(49%)