【全国展開の民間有料老人ホーム】実際の評判はどうなの?

テレビCMでもおなじみの、全国展開してるような民間有料介護施設。
「入居金0円」が売りで、月額費用も低料金であることを謳っているけど、
実際の住み心地はどうなんだろう?

この記事は、比較的低料金の有料介護施設の評判が気になる人向けです。
「入居金0円」とか「低料金」の介護施設は、やはり『それなりの対応』

有料老人介護施設の住み心地は、費用に比例する

公的ではない、民間の有料老人介護施設が次々とオープンしている昨今ですが、その利用料金は様々です。

 

一般にはまず、「入居金・一時金」として数十万円~数千万円の支払いが必要になり、入居がスタートすると月々の利用料として20~40万円前後かかり、それとはまた別に医療費や介護費用を負担することになります。

が、

入居金0円で、そのうえ月々の利用額が20万円ほどだという有料老人施設があります。
しかも全国に次々とオープンしていて、施設建物自体は新しくて綺麗。

 

これって、大変、魅力的ですよね。
介護施設を探している人だったら、すぐにでも見学に行きたいところではないでしょうか。

 

でもね、

 

やっぱり、利用料金と施設の住み心地は比例します。

 

どんなに綺麗で新しい建物でも、介護やサービスの質は支払う料金なりのものなのです。

大概の民間老人施設は、入浴&着替えは週2回

高級老人施設は別として、一般的な民間有料老人施設は週に2回しか入浴しません。そして、失禁や著しい汚れがない限り、その時にしか着替えないので、同じ服を何日も着ていたりします。靴下も取り替えないですし、タオルも毎日洗濯しません。

 

面会に来た家族にそれを指摘されると、変えたりします。なんせ、変な噂や良からぬ評判が立つことは避けたいわけですから、入居者家族の要望は無視できません。

 

それでも、介護職員によってはやってくれない人もいるようで。
数多くの施設を抱えるようなところは、当然、人材も不足しています。そんなところへ介護職を希望して求人応募してくる人は宝ですから、ほぼ無条件に採用します。人を選んでいる余地はありません。結果、介護職員は良い人もいれば、そうでない人もいることになりますね。

 

良い介護職員が担当者になってくれれば安心なのですが、利用者側からは人を選べませんので、幸運を願うしかありません。

 

また、運よく良い人が担当になってくれたとしても、真面目な介護職員ほどブラックな職場を去って行くとう悲しい事実がありますので、いつまでも幸運が続くとは考えないほうが賢明です。

 

ならば、公的老人施設(特養とか)はどうかというと、これも場所によりけりで、人手不足が深刻なところは一日中パジャマ姿だったりしますし、そうでないところはキチンと着替えさせてくれますしで、一概に比較はできません。

お金持ちとそうじゃな人では、老後が全く違う

当たり前すぎる話しですが、お金をどれだけ持っているかで、老後の生活が全く違います。世の中には、驚くほど高級な有料老人施設があって、信じられないような優雅な生活を送ることができます。

 

お金がなくても、健康な身体と住むところがあって、日々食べていくのに困らなければ幸せだと思えればそれでOKではないでしょうか。私もお金より健康のほうが大事です。

 

けれど、そうは言っていても、いつ介護が必要になってしまうか分かりませんよね。そしたらやっぱりお金が頼りで、それが現実だと思います。

まとめ

若いころから健康だけは自信があっても、いつ病気になって介護生活になるか分かりませんからね。本当に決して他人事と考えないほうが良いです。今まで何人も見てきて、そう思います。

 

「まさか、自分がこんな(要介護)になるとは思わなかった」と、皆さんおっしゃいます。自分の親も然りです。

 

だからそうなった時のために、貯金はしておこうと私は思っています。