【介護保険負担限度額認定証】介護施設の利用費用を軽減する制度

介護施設の入所費用を軽減できる【介護保険負担限度額認定証】って何?

どんな人が使えるの?

どれくらい安くなるの?

この記事は、老人介護施設の費用が高くて困っている人向けです。
特養・老健・寮養病床の 利用費を安くする制度がある!

介護保険負担限度額認定証とは

低所得の人が介護施設を利用する際、支払いが困難とならないようにする公的制度。施設入所者のみならず、ショートステイだけでも利用可能です。減額の対象になるのは住居費と食費のみですが、少しでも安くなるなら嬉しいですよね。

この制度は申請しないと受けられません。自分から申し出ないと認定されませんので是非!

介護保険負担限度額認定証は受けられる条件は2つ

1.所得:住民税は世帯全員が非課税であること(別世帯でも配偶者がいるなら、配偶者も要非課税)
2.預貯金:貯金・資産など合わせて、独身者=1000万円以下。夫婦合計=2000万円以下。

上記に該当しなくても、一定の条件を満たせば特例減額措置を受けることができる場合があるので役所にお問い合わせくださいね。

1日当たりの負担額

では、介護保険負担限度額認定証を受けることができた場合、1日当たりいくら負担されるのかというと、それは所得によって異なります。

第1段階~第4段階の「利用者負担段階」に分けられ、負担額を決定します。

第1段階

・世帯の全員が住民税非課税で老齢福祉年金受給者
・生活保護等の受給者

第2段階

・世帯の全員が住民税非課税で、合計所得金額と公的年金(課税年金・
遺族年金・障害年金)の収入額合計が年間80万円以下の方

第3段階

・世帯全員が住民税非課税で上記2段階以外の方

第4段階

・上記以外の方(負担限度額なし)

自治体によって、「第4段階」が無い場合もあります。

 

各段階による1日分の具体的な負担額

どんな部屋を利用しているかによっても負担額は変わってきます。

 

利用者
負担段階
居住費または滞在費 食 費
従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型
個室的多床室
第1段階 490円
(320円)
0円 820円  490円 300円
第2段階 490円
(420円)
370円 820円 490円 390円
第3段階 1,310円
(820円)
370円 1,310円 1,310円 650円
第4段階 負担限度額なし
(金額は施設との契約による)

申請方法

介護保険負担限度額証の申請方法申請するにあたり、用意するものは地域によって異なりますので、各市区町村役場、介護保険窓口へお問い合わせいただくのが間違いないです。

必ず要るのは「介護保険負担限度額認定申請書および同意書」です。

まとめ

1日800円の負担額だとしても、1か月でみれば24000円。
これだけ軽減されると楽になりますよね。1年で28万8千円です!

是非、忘れずにチェックしてみてください。