【介護保険料の支払い】いつからいつまで?

介護保険料って、いつからいつまで払うの?

この記事は、介護保険料の支払い義務についての記事です。
介護保険料金の支払いは、一生涯続く

介護保険料の支払い義務期間

40才になると誰でも介護保険への加入が義務付けられ、健康保険と一緒に徴収されます。
そしてそれは恐ろしいことに、一生、払い続けなくてはいけません。

定年が来て仕事をリタイヤしても、年金しか収入が無くても、自分が介護保険を使う立場になっても、ずっと払い続けなくてはいけない保険です。乱暴な言い方をすれば、「死ぬまで払う保険」

たとえ収入が乏しくても、最悪収入が0円でも、国内に住所がない外国人か介護保険適用外施設の入所者以外は介護保険納入の免除はありません。(介護保険の減免はあります)

 

介護保険制度

2000年(平成12年)4月から施行されている「介護保険制度」
今ではこれを知らない人はいなと思います。すっかりお馴染みになりましたよね。

介護保険法施行当初は、デイサービスのワゴン車自体が珍しかったし、そもそも「デイサービスって何ぞや?」という感じでした。朝から老人を集めてどこに行くんだろう?と思っていた人も多かったことでしょう。

介護保険制度ができる前

では、この介護保険制度ができる前は、どうしていたのか?
ほとんどの高齢者は自宅で妻や嫁が介護していました。介護は家事の延長で、女性の仕事でした。自宅で介護しきれない高齢者は「老人ホーム」に入れるか、病院で「長期入院」という形で面倒を見てくれました。

1956年、長野県でボランティアとして始まった家庭援助活動が「家庭養護婦派遣事業」という事業として制度化したことが、現在のホームヘルプサービスに繋がっています。当時は資格などなく、経験をいかした女性の仕事のひとつにすぎませんでした。

1963年、老人福祉法の制定に伴い、貧困老齢者が入所できる「養護老人ホーム」が誕生し、介護が必要であれば入所できる「特別養護老人ホーム」も出来ました。

1973年、70歳以上を対象に老人医療無料化が始まりましたが、1982年には終了しました。高齢者の医療費が莫大になったためです。無料なので、大した症状もないのに病院へ行く高齢者が増え、病院がサロン化しまてしまい、この制度は失敗に終わりました。

介護保険法ができる前は、高齢者はボケてようがなんだろうが、基本、自宅で過ごしていました。私の家にも94才の祖母がいました。元々祖母は東北の田舎で長男夫婦と同居していましたが、仲が悪くなり、80才後半で東京の娘家族宅(私の家)に追い出されました。

当時、私の両親は自営業のため他で生活していたので、私と祖母の二人暮らしになり、結局祖母の面倒は会社員だった私がみていました。高齢者との生活は制限が多くたいへんでした。介護保険制度もなかったので、365日四六時中、祖母のことが重くのしかかり、遊びたい盛りの20代だった私は苦痛でたまりませんでした。

でも、みんなそうやって我慢しながら自宅で介護していたと思います。

介護保険制度は、介護する人のためにある

介護が必要な高齢者が、朝から晩までデイサービスに行ったり、数日間お泊りしてきたり、ホームヘルパーが手伝いに来てくれたりするのは、それらを利用する高齢者の為というよりも、介護している人を助けるためにあると私は思っています。

自宅介護は、想像するよりずっと大変です。経験した人にしか分からない辛さです。
介護する人のために、もっと介護保険制度を充実させてほしいくらいです。

例えば、介護している人が利用できるショートステイがあったら良いのに。
その間、介護が必要な人を自宅で見てくれる職員がいてくれたら、どんなに助かることか!

介護している人に1日でもお休みがあれば、精神的苦痛も少しは和らぐはず。そうすれば介護虐待とか、しいては介護心中、介護殺人とか減るような気がします。