【ホームヘルパー】2018年10月、訪問回数を制限

ヘルパーさんには、最高で

1日何回、来てもらえるの?

この記事は、ホームヘルパーの1日の訪問回数の制限を知りたい人向けです。
H30年10月1日より、生活支援のヘルパー訪問に制限ができた

介護度に応じて制限されるヘルパー訪問

「厚生労働大臣が決める回数及び訪問介護」

2018年10月に、厚生労働省が介護区分別の1か月あたりのヘルパー訪問回数を決めました。

・要介護1・・・27回
・要介護2・・・34回
・要介護3・・・43回
・要介護4・・・38回
・要介護5・・・31回

なぜ、要介護4より要介護5の方がヘルパーの訪問回数が少ないのか?というと、この制限は「生活支援」の場合のみだからです。

「生活支援」とは、掃除・洗濯・調理などの援助のことです。
要介護5になると、「生活支援」より「身体介護」の方にヘルパーが必要になりますので、生活援助のためのヘルパーは訪問回数が少なくなっています。

なぜ、ヘルパー訪問の回数が制限されるようになったのか

生活支援におけるヘルパーの訪問回数に制限が設けられるようになった理由は、厚生労働省によると、「生活支援中心型サービスにおいては、必要以上のサービス提供を招きやすく、自立支援にならない」とのことです。

それはヘルパーの人手不足とも関係があって、不要な生活支援にヘルパーを使うよりも、介護度の高い人の身体介護にヘルパーの労力を使うことに重点を置くようにするためです。

そして、身体介護に重きを置くよう、ヘルパーの身体介護報酬を引き上げるそうです。

確かに、利用者自身で出来そうな掃除などの家事をヘルパーが代行することは多々ありました。なぜ、それを断らずに引き受けていたかというと、断ったら介護支援事業所の収入になりませんからね。断った時点で、たぶんその利用者は引き受けてくれそうな他の介護支援事業所へ移ってしまうでしょう。だから断らないのです。

要するに、必要ない生活援助だと分かっていても、「お金になるから断らない」のです。利用者はお客様ですから、多い方が儲かります。

それじゃダメだってことに、やっと着目したんでしょうね。

訪問介護における生活援助の役割

これに対して反論がありました。

訪問介護における生活援助は、単に家事代行支援をしているのではなく、自宅の環境や調理・洗濯、日々の会話等から利用者の状態の全体像を把握し、状況に応じて適切な支援を判断・提供する非常に専門性の高い支援です。

「単なる家事代行ではない」と言いつつも、現実は「ただの家事代行」です。その中で、利用者の身体状況の変化があった場合はケアマネージャーやサービス責任者に報告しますが、報告したところで、すぐに動いてくれる責任者がどれだけいるだろうか、という疑問も私にはあります。

ホームヘルパーの訪問時間制限

ホームヘルパーが連続で訪問する際、「次の訪問までに2時間以上、間をあける」というのがあります。

例外として、「頻回の訪問を行うことができる指定訪問介護事業所については、20分未満の身体介護の前後に行われる訪問介護では、間隔が概ね2時間未満である場合、それぞれの所要時間を合算するものとする」とされています。

 

まとめ

生活援助のヘルパー訪問回数を制限するのは大賛成です。はっきり言って、ムダな訪問があり過ぎです。

そして身体介護の報酬を引き上げるということですが、具体的にどれくらい上げてくれるのでしょうか。介護報酬は度々「引き上げる」と宣言されるけど、実際に働いてるヘルパーに還元されることは少ないですからねー(´;ω;`) 上がった報酬は全て事業所が吸い取ってるんじゃないか、と疑ったことがあります(;^ω^)

どうなんですかね?本当に事が知りたいですよね。