【ショートステイ拒否対策】ショートに行かせる方法

ショートステイに行ってもらいたいのに、拒否するおじいちゃん。

デイサービスには行ってくれるけど、お泊りは絶対に嫌だと言う。

介護する人のためにも、

ショートステイを利用させる良い方法はないかな?

この記事は、頑なにショートステイに行きたがらない高齢者に困っている人向けです。
「小規模多機能型居宅介護」という選択

小規模多機能型住宅介護とは

小規模多機能型居宅介護」とは、2006年4月にスタートした介護保険で利用できる地域密着型の介護保険サービスです。

通いのデイサービス」と「泊りのショートステイ」と「訪問のホームヘルパー」をひとつの事業所で自在に組み合わせ、利用者が自宅を離れることなく、住み慣れた地域で生活できるよう支援するサービスです。

「小規模…」というからには、少人数制です。
ひとつの事業所に登録可能な利用者数は29人までと決まっています。

その中で、宿泊は9名以下、通いは15名以下と、各サービスの利用人数に上限が設けられています。人数の上限は事業所よって多少の違いがありますので、要確認です。

通常の介護サービスとの違い

通常では、デイサービスのスタッフ、ショートステイのスタッフ、ホームヘルパーのスタッフはそれぞれ違うので共通点がありません。 例えば、利用者Kさんが通っているデイサービスのスタッフAさんが、Kさん宅にヘルパーとして訪問することはありませんよね。

それに対し小規模多機能型居宅介護は、利用者Sさんのデイサービス担当スタッフBさんが、Sさん宅にヘルパーとして訪問することも出来るのです。

ひとつの事業所で「通所」「宿泊」「訪問」を担当しますので、スタッフは同じメンバー。施設でも自宅でも顔なじみのスタッフが介護をしてくれるので、利用者は安心です。

基本は通いのデイサービス

小規模多機能型居宅介護は「通所」「宿泊」「訪問」の3つを自由自在に組み合わせて利用できますが、基本は「通い」になります。

一般の通所デイサービスでは、「9時から5時まで」か、「午前中のみ」あるいは「午後のみ」と、利用時間が決められていますが、小規模多機能型居宅介護では、そういった時間の縛りがありません。

一日中利用しても良いし、お昼ご飯だけ食べに、お風呂だけ入りに、レクリエーションだけ参加、という利用も出来ます。

通常のデイサービスは、朝ごはんは自宅で済ませてから行きますが、小規模多機能型居宅介護では朝ごはんも食べることができます。

訪問サービスもフレキシブル!

通常の訪問介護はサービス時間とサービス内容が決まっていて、それ以外のことをお願いすると別料金がかかったり、いつもと違うヘルパーの訪問になったりしますが、小規模多機能型居宅介護では、利用者は必要な時に必要な分だけ利用することができます。

5分~10分程度の短時間訪問が可能なので、安否確認や服薬確認、トイレ介助のみ、などという訪問サービスの利用方法もあります。

もちろん、通常の訪問介護と同じく、家事や買い物、身体介護もOKです!

利用者の生活に沿うように、柔軟なサービスを受けられるのはたいへん魅力的です。

デーサービスから、そのまま宿泊も可能

日中はデイサービスを利用し、そのままショートステイで泊り、翌日帰宅することも出来ます。もちろん、スタッフの送迎付きです。

あるいは、夜間ひとりで心配な日だけ、自宅で夕食を食べた後ショートステイし翌朝帰宅、ということも可能です。毎日は無理ですけど(;^_^A)

利用料金は月額制

小規模多機能型居宅介護の利用料金は月額制です。
何をどれだけ利用しても変わりませんが、食費と宿泊料は別途加算されます。

月額料金は介護度によって異なります。詳しくはこちらをを参考に→『厚生労働省のサイト』

365日、24時間対応!!

最大のサービスポイントは、「365日、24時間対応」ということです。

夜中の緊急時にも駆けつけてくれます。これは非常に心強く、安心なサービスといえます。

デメリット

ひとつデメリットをあげるとすれば、今の介護事業所から小規模多機能型居宅介護へ変えるのであれば、ケアマネージャーも変わることになります。

今まで親身になって担当してくれたお気に入りのケアマネさんであっても、サヨナラすることになります。

デーサービスからショートステイに、スムーズに移行可能

デイサービスには行くけど、ショートステイは絶対に嫌だ!という高齢者は本当に多い。

そういう人に小規模多機能型居宅介護はかなりおススメです。
デイサービスのスタッフがお泊りの時も居ますから、違和感がありません。デーサービスに行ったついでに泊まってくる、という感じで話を持っていけばいかがでしょうか?

ただし、その際は介護する人の都合を理由にお泊りをすすめないことが大事です。

「今日は外泊して私を休ませてほしい」
「今日は用事があって面倒見れないから泊ってきてほしい」

などです。こういう言い方は、利用者が「自分がいると迷惑なんだな」と思ってしまい、自尊心が傷ついて余計に拒絶する可能性があります。

なので、

「今日は用事があって帰りが遅い。母さんのことが心配だから、泊って来てくれると安心」
「自分が風邪をひいた。移したら大変だから、治るまで安全なところで生活してほしい」

ってな感じですすめてみてはどうかしら( ´∀` )
あくまでも、利用者への愛が感じられるように。多少の嘘はokです!

うちの父も、デイサービスは週2回行くけど、お泊りは頑として拒みます。
私が、「疲れ切ってる母を休ませてあげて!1日でいいから、泊ってきて!!」と懇願したことがありましたが、「俺をこの家から追い出すっていうのか! お前(私のこと)は部外者だろ、もう嫁に行って家を出た人間が余計なこと言うな!」と怒鳴られました。

完全に、言い方に失敗した例です。介護する人の利益のために、と言ってはいけませんでした。

まとめ

いかがでしたか?
上手くいきそうですか??

「小規模多機能型居宅介護」という選択肢もあることを知っておいてくださいね。とても便利なサービスです。

小規模多機能居宅介護の概要|厚生労働省
小規模多機能居宅介護の概要について紹介しています。



【介護サービスの利用拒否】ヘルパー拒否の理由と対策
ヘルパーさんを拒否する高齢の親。 でも、自分じゃできないことが増えたし、私にも手伝う限界があるから、 ヘルパーさんに助けてもらいたい。 どうしたらヘルパーさんを受け入れてくれるかな? ...