【あまり介護を必要としない人向け】サービス付き高齢者向け住宅

「サ高住(サコウジュウ)」って何?
有料老人ホームには違いないようだけど…。

この記事は、サービス付き高齢者向け住宅について知りたい人向けです。
介護度が低い人向けサービス付き高齢者向け住宅】

スポンサーリンク

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、あまり介護を必要としないの60歳以上の人が利用できる完全バリアフリーの賃貸住宅のこと。

入居条件

・基本的に60歳以上(特例がある)
・要介護認定を受け、要支援~介護度低め。身の回りのことが自分でできること。

部屋は個室

家賃は10~30万円。
入居の際は敷金、礼金、保証金なども必要になります。中にはそれらを必要としない施設もあります。

料金は施設によって異なりますので確認が必要です。

どんなサービスが付いているのか

・安否確認
・生活相談

この2つはサービス付き高齢者向け住宅では義務付けられており、9~17時は、看護師や介護福祉士といった介護の資格を持った専門家が常駐します。

夜間は専門家の常駐が義務付けられていませんが、緊急時には速やかに対応できることが義務付けられています。

生活の自由度

サービス付き高齢者向け住宅では、入居者同士のつながりが薄く、レクやイベントなどはほとんどありません。食事も自分で用意し、入浴時間にも制限がありません。

各部屋にキッチン、浴室、トイレなどが付いていることが多く、人間関係や時間に縛られることなく、自由度の高い生活が出来ます。外泊も制限ありません。

とはいえ、施設によっては、入居者同士のコミュニケーション強化に力を入れているとこともあります。共有のレストランやプレイルーム、温泉浴場が設備されている施設もあります。

食事を自分で用意するのが面倒だったり、体調が優れない時には、食事提供サービスを受けることも可能です。

介護が必要になったら

介護サービスは各自で好きな介護事業所と契約して受けることが出来ますし、介護保険サービス事業所を併設している施設も多いので、そちらを利用するのもOKです。

ただし、介護度が進みすぎると退去を命じられる場合があります。

介護度が進んでしまったら

介護度が4~5に進んでも暮らし続けることが出来るサービス付き高齢者向け住宅が別にあります。
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅がそれにあたります。

ここでは専任の介護士・看護師のサービスを受けることが可能で、介護度が進んでも引き続き生活することができます。

医療が必要になったら

施設に併設されている医療機関、もしくは提携医療機関の訪問診療や訪問看護サービスを受けることができます。

もちろん、それ以外のお気に入りの医療機関を受診することも可能です。

夫婦、内縁の相手、親族との同居も可

施設によって細かい入居条件が異なりますので、気になる施設を見つけたら必ず問合せましょう。

 

まとめ

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、あまり介護を必要としない60歳以上の高齢者が、安心して住むことのできる賃貸物件ということです。

「自由気ままに暮らしたけど、何のつながりもないのは年齢的にちょっと不安。いざという時にはすぐ、誰かに助けに来てもらいたい」と考えてる人には良い住まいだと思います。

 

【介護+医療+家事の手厚いサービス付き】介護付き有料老人ホーム
「介護付き有料老人ホーム」って、 どんな人が行くところ? この記事は、介護付き有料老人ホームのことを知りたい人向けです。 介護も家事もスタッフ任せ【介護付き有料老人ホーム】 介護付き有料老人ホ...

コメント