誰もが必ず食べてる、遺伝子組み換え食品

あなたは豆腐を買う時、裏面の「原材料名」を見ますか?

 

私は必ず見るタチなのですが、気にしてるのは原材料の大豆が国産なのか、輸入品なのか、ということよりも、その大豆が「遺伝子組み換え」なのかどうかということ。

 

 

 


 

遺伝子組み換えとは?

 

「遺伝子組み換え」とは、簡単に言うと、

 

生物の遺伝情報を伝えるDNAの中で特定の働きをすることがわかっている部分(=遺伝子)を人工的に操作し、組み変えること。

それは、「植物×植物」に限らず、「植物×動物」でも可能である。

 

どうしてそんなことをするのか?と言うと、

 

人にとって便利な作物を作るため。

 

に、他ならない。

 

大豆やトウモロコシなどの穀物は、遺伝子を組み替えることによって従来品より多くの実が収穫できるようにしたり、害虫や病気や特定の農薬に強くしたり、早く成長するようにしたりできる。生産者側からすればとても便利。

 

便利だけど不自然。怖い気もしなくなはい・・・(;´・ω・)

 

遺伝子組み換え食品の何が悪い?

 

では、遺伝子組み換え食品の何が問題のか?

 

発がん性があるからなのか?

 

奇形や発達障害の恐れがあるからなのか?

 

偶発的に出来る可能性がある悪い遺伝子が問題なのか?

 

世界中でラットなどを使った遺伝子組み換え作物の研究実験が行われており、本当かデマかわからない写真や情報が溢れかえっているネット界。

 

何を信じるかは個人の選択で、実際にどう悪いのか分からない現実があります。でも、「遺伝子組み換え」表示は気にする私…(;^_^A

 




 

遺伝子組み換えの表示義務

 

豆腐や納豆などには遺伝子組み換えの表示義務がありますが、義務が無い食品もたくさんあります。

 

加工食品、サラダ油、醤油、酢、肉、魚、果物、牛乳、卵、清涼飲料水、コーンフレーク、お菓子、などなど沢山です。

 

これらは日常的に私たちが食しているものばかり。
ということは、誰でも遺伝子組み換え食品は普通に食べている、ということです。

 

遺伝子組み換え表示義務のある納豆にしても、完全ではありません。遺伝子組み換えでない大豆を使っていたとしても、遺伝子組み換えの納豆菌を使っているかもしれません。その場合は遺伝子組み換えの表示はされません。

 

日本では遺伝子組み換え作物が5%を下回るものには「遺伝子組み換えでない」と表示することが出来ます。あの表示は完全ではないということです。

 

輸入されている遺伝子組み換え作物は8種類だけ

 

日本に輸入が許可されている遺伝子組み換え作物は8種類のみ。

 

とうもろこし、大豆、菜種、綿実、じゃがいも、てんさい、アルファルファ、パパイヤ。

そのうち主に流通しているのは、とうもろこし、大豆、菜種、綿実の4種類。

 

日本国内では商業的な遺伝子組み換え作物は作られていません。禁止されているわけではないのですが、今のところ作っていないという。

 

なので、国産の農作物は全て「遺伝子組み換えでない」ということですね♪

 

 

大豆の輸入量

 

日本で流通している大豆の94%は輸入で、そのうち7割はアメリカからの輸入品。そしてアメリカで栽培される大豆の94%は遺伝子組み換えだというのです。

 

ということは、日本で売られている大豆製品の8割近くは遺伝子組み換え品ということです。

 

豆腐は「遺伝子組み換えでない」ものを選んでも、それにかける醤油に遺伝子組み換え大豆が使われているかもしれませんね(^^;

 

まとめ

 

「遺伝子組み換え」を気にしないよりは気にした方が摂取量は減るだろうけど、全く遺伝子組み換えを排除することはゼロに近い。

 

添加物や遺伝子組み換え、『食の安全』を考えると「無理だ~(‘◇’)ゞ」と思ってしまう。

 

あなたは、いかがですか?