犬のカットモデル。気をつけないと後で大変!?

出典:https://dogcafe.jp/beauty/6456.html

 

犬のトリミング(美容院)料金って、すごく高い。

 

うちのトイプードル、1~2カ月に1度、カットが必要。プードルは毛が抜けかわらない反面、どんどん毛が伸びる。放っておくと毛玉もすごく出来るし、見た目が残念なワンコになてしまう。トリミングは必須だ。

出典:https://www.slow-style.com/pets/dogsalonfree/news/news-18429.html

 

犬の美容院では、シャンプー・カット、爪切り、がセットになっていて、その費用は各美容院で違うものの、8000円~10000円ほどかかる。

 

はっきり言って、高い!!

 

けど、それはそういうトリミングが必要なワンコを飼う時点で納得していること。仕方ない、と。

出典:https://petokoto.com/524

 

そんな折、ワンコ仲間から教えてもらった「カットモデル」というもの。

 

犬の美容学校で、生徒たちのカット練習用モデルになるという方法でトリミング代を節約できるという。

 

「カットモデル」になるとカット料金は無料になると聞き、早速うちのワンコもお願いした。ただし、送迎料金として2000円が必要だった。それでも、うんと安上がりだ。

 

 


 

肝心の仕上がりは、特に問題なかった。最後に先生がちゃんとチェックしてくれるから、生徒がカットしたとはいえ、毎回綺麗になって帰ってきた。

 

月に一度くらいのペースで迎えに来てくれたが、学校が夏休みや冬休みになると2か月以上カットしてもらえなかった。その間もワンコの毛は伸びるわけで、対策として、顔やお腹周りは私がカットしていました。

 

そんなふうに、犬の美容学校との付き合いが7年を迎え、ワンコが10才になった時、突然こんなことを言われました。

 

「10才になったワンちゃんは、カットモデル卒業となります。」

 

 

ええぇぇええええ~~~!

 

そんなこと、聞いてなかったよ! ハツミミー!!
高齢になったワンコにはカットモデルの仕事は負担になるため、辞めてもらうんだとか。それなら、初めに言ってくれれば良かったのに、と思い、ちょっと立腹。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2148673174647975001/2148674235452952603

 

そうは言っても仕方なく、次からは近所の犬の美容院へ行くしかないので探してみたところ、そこでまた、新たな壁にぶつかった。

 

どこの美容院も、「10才以上の新規のワンコは受付拒否」という事実 (‘◇’)ゞ

 

高齢のワンコは体調面で心配があるため、小さいころから扱っているワンコじゃない限り断るという。・・・そんな~(-_-;) そうなんだね、そんな暗黙のルールがあるんだね、知らなかった。

 

だけど、それじゃ困るから、あちこちの犬の美容院へ問い合わせた結果、1件だけ「じゃあ、うちで引き受けるわよ」と言ってくれたお店があった。喜んで詳細を聞いてみると、なんと!割増料金で引き受けるわよ、ということだった。足元を見られたわけだ。ひどい・・・(´;ω;`)

 

いくら何でも、そんな上から目線の店には頼みたくない。

 

なので、私が自分でトリミングすることにした。自慢じゃないけど(自慢だけど(笑)自分は器用な方なので、出来ると思った。そして何より、「やってみたい」と思いました。面白そう♪と。

 

YouTubeで、トリミングのやり方動画を見て研究した。犬のバリカンを使用すれば出来るという。そしてこれを買った↓

パナソニック ペットクラブ犬用バリカン 青 ER807PP-A [ER807PPA]【RNH】

感想(1171件)

 

このバリカンは優れもので、事前のシャンプーとブラッシングさえきちんとすれば、素人にもそれなりにトリミングが出来た。ブラッシング>シャンプー>カット>爪切り>後かたずけ の全工程でかかった時間は4時間。けっこうな長時間。カットだけでも2時間必要。

 

いくら自宅で飼い主がやるとはいえ、高齢ワンコには負担が大きい。次からはブラッシング&シャンプーは前の日に済ませ、2日に分けてやるようにした。

 

というわけで、「カットモデルは10年後のことを知っておこう!」の記事でした(笑)