「お盆」とは?

もうすぐ、「夏の盆休み」。

旅行の予定がある方、多いと思います。
会社員にとっては、まとまった休みが取れる夏のお楽しみ。幼い子供たちにとっては、どこかへ連れて行ってもらえる夏休みのメイン・イベント。実家の両親にとっては、孫に会える楽しみな日。

 

「盆と正月」は、一年のうちで最もにぎやかで慌しいとされている日です。人が集まる場所があるってことですね。

 

そもそも「お盆」というのは、遊ぶための休暇ではなく、ご先祖様を供養する日のこと。

 

 


 

お盆とは?

 

お盆とは、祖先の霊をお迎えし、供養する期間のことです。

 

東京では7月15日を中心とする新盆、その他の地域では8月15日を中心とする旧盆があります。今では東京でも「お盆」と言えば8月のことで、その時期に「盆休み」として連休にするところが多いようです。

 

お盆には、お墓参りをするのが一般的です。ご祖先様あっての自分です。

 




 

お盆の期間

 

8月15日をお盆の中心と考える旧盆では、13日の「盆入り」から16日の「盆明け」までの4日間をお盆の期間とし、さまざまな行事が行われます。

 

盆入りの8月13日の夕方には、先祖の霊が迷わないように迎え火を焚きます。やり方は、焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿に、おがら(皮を剥いだ麻)をのせて燃やします。

そして盆明けの8月16日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊を見送ります。

 

送り火で有名な行事として、「京都の大文字焼」があります。賀茂川(鴨川)堤防からが良く見えるそうです。

 

 

お盆に飾る、茄子とキュウリの馬は?

お盆に、茄子とキュウリに割りばしで作った足を付けたものを飾ります。

 

茄子の方は牛を表し、キュウリの方は馬を表しています。ふたつ合わせて「精霊馬(しょうろううま)」といいます。

 

これは、ご先祖様があの世からこの世へ来るときに使う乗り物です。足が速い馬(きゅうり)の方は来る時に、足が遅い牛(茄子)の方は帰るときに乗るとされています。

 

ご先祖様が早く家に来られて、ゆっくりして帰ってくださるよう、思いが込められています。

 

ちなみに、茄子とキュウリは夏野菜なのでお盆の時期には手に入りやすいため、精霊馬に使われるようになったそうです。

 

まとめ

 

お盆といえば夏休み。遊ぶ予定いいけれど、ご先祖様を想う時間を作ってみるのも良いとおもいます。

あなたは、いかがですか?