デニス・テン(ソチ冬季五輪フィギュアスケート銅メダリスト)刺殺。

2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリストのデニス・テン選手(25)がカザフスタンの最大都市アルマトイの路上で19日、刃物で刺され、死亡した。

 

 


 

「カザフスタン」ってどこ?

 

出典:出典:http://lingvistika.blog.jp/archives/1065473332.html

 

カザフスタン」は、ロシアのすぐ下の国。
けっこう大きな国なのに、人口は約1800万人。人口密度:6人/km2

日本は人口約1億3000万人。人口密度:340.8人/km2

アメリカの人口約3.2億人。人口密度:33.7人/km2

インドと中国の人口約13億人超!

 




 

デニス・テン選手とは。。

 

デニス・テン選手とは、16年3月30日、フィギュアスケート世界選手権の公式練習中に、羽生結弦と衝突しそうになった選手。

 

羽生結弦の曲が流れたのに、リンクの中央でスピンを続けてしまいました。その時の羽生選手の怒りは相当でしたよね。私はびっくりしたのでよく覚えています。

 

その後、二人は握手して仲直りしています。

 

 

デニス・テン死因

 

デニス・テン選手の車のミラーを盗もうと物色していた2人の強盗に、「自分の車だからやめてくれ」と声をかけたところ口論になり、刃物で刺されたということです。

 

病院に搬送されましたが、帰らぬ人となった。

 

 

まとめ

 

信じられない事件です。
カザフスタンでは、こんなことが日常的にあるのでしょうか。まだ若いのに残念…。

 

日本でも、この頃、殺傷事件が増えました。
通り魔だったり、元恋人だったり、夫婦、親戚、友達だったり。簡単に刺してしまうようになったと感じています。

 

怖い世の中ですね。ぼーっと歩いていられない時代になったんですかね(´;ω;`)