熱中症の初期症状。

 

連日の猛暑。熱中症が心配です。

 

「私は大丈夫だから」と思っているアナタ! 本当に大丈夫ですか?

 

毎日のように熱中症で亡くなっている方がいるのですから、他人事とは考えず、自分の身は自分で守らねば。

 

熱中症で一番問題なのは、「気付いた時にはもう身体が動かなくなっていて、自分ではどうしようもなくなる」という怖い状態になること。

 

 


 

そうならない為に、「熱中症の初期症状」を知っておかないといけません。

 

熱中症ゼロへ」というHPがありました。そのサイトに、熱中症はなぜ起こるのか、熱中症の初初期症状とはどんなものか、書いてありました。

 

暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと、皮ふの血管が広がります。

すると全身を流れる血液の量が減り、血圧が下がり、脳への血流が減少します。

こうした血流や血圧の変化が生じることで、顔面から血の気が失せ、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった熱失神の症状へとつながります。

呼吸の回数も増え、脈は速く弱くなり、唇のしびれなども見受けられます。

 

「めまい」や「立ち眩み」を感じたら、すぐに涼しいところで休み、水分・塩分の補給をする、ということですね。

 

また、横になって休む場合は、足を高くして血液が脳へ行くようにするんだそうです。

 




 

私は去年、公園のガーデン管理の仕事をしていたのですが、炎天下での作業にもかかわらず、あまり休むことなく数時間も行っていました。もっとこまめに休みたかったけれど、上司が「早くやって!」とうるさく言う人だったので、休憩をとっている時間がありませんでした。(鬼上司ですね、その人はもうクビになったようですが。)

 

そしたら、頭痛に襲われました。今思うと、それが熱中症の初期症状だったと思います。そんなことが何回かあり、帰宅してもなかなか治りませんでした。それどころが、酷くなって起き上がれない時もありました。私の場合は、熱中症の初期症状は「頭痛」なんだと思います。

 

このように、現れる症状は人それぞれです。この時期特に、体調の変化には気をつけましょう。

 

ご存知のように、水だけ飲んでいてもダメです。塩分補給も忘れずに! 手っ取り早いのは塩の効いた飴やタブレット、OS1などの経口補水液です。

大塚製薬 OS-1 オーエスワン 経口補水液 500ml×48本

感想(59件)

とにかく、

・時間を決めて大げさに休むこと! 
・水分補給すること! 
・食事はとること!
・絶対に無理しないこと!
・自分も熱中症になるんだ、と自覚すること!!

 

ここまで暑いと、本気で気をつけないとまずいです。

 

 

どうかみなさんも、ご注意を!