ダイアモンドユカイ 妻の難病を告白。

ダイヤモンド・ユカイが、妻の病気を告白しました。
「緑内障」だそうです。

 

 


 

緑内障というのは、視野が徐々に欠けていく目の病気です。緑内障は、糖尿病網膜症に次いで日本人の失明原因の第2位の病気ですが、早めに気づいて治療をしていれば失明しないで済ます。

 

ただ、緑内障は気付きにくく、症状が自覚できたときには既に緑内障が進行している場合がほとんどだそうです。

 

私の義父も緑内障です。左目の視野はもう80%ほど欠けていると言っています。そのため、何を見てもうっとうしく不快感があるそうです。

 

そしていつか左目は100%見えなくなるだろうと予想しています。そうなったら、次に見えなくなるのは右目で、最終的には失明するんじゃないかと思っています。だから今のうちに、本をたくさん読んでおく、と言っています。

 

そんな話を冷静にしている義父ですが、内心は穏やかではないはずです。ええカッコしいの義父ですから、家族の前では淡々としているけれど、失明の恐怖は絶対にあると思います。

 

緑内障の原因

 

緑内障になる原因は、遺伝的要素もあります。
そこに加齢、喫煙、自律神経失調、糖尿病、高血圧、近視などの要因が加わって起こるといわれます。

 

確かに義父も糖尿病、過去に喫煙、近視、高血圧です。年齢は83才。

 

緑内障になりやすい要因が複数そろっています。

 




 

緑内障の治療方法

 

緑内障は手術も出来ますが、必ず良くなるとは言えないようです。手術も日帰りで出来るような簡単なものから、3週間の入院を必要とする複雑な手術まで、いろいろあるようです。

 

手術した結果は、緑内障の種類や手術法、それに医師の技量により大きく差がでるそうですから、医師選びは重要です。

 

義父は、定期健診と点眼のみの治療です。高齢だからなのか聞いていませんが、手術はしないようです。

 

 

ダイヤモンド・ユカイとは?

 

で、

 

「ダイヤモンド・ユカイ」って、何者やねん?というと、

 

 

1985年に結成され、人気を博した「レッド・ウォーリアーズ」のボーカルです。

 

1977年に三浦恵理子と結婚。
2001年に離婚。

 

今の妻と結婚し、娘さんと双子の男の子の良きパパであります。

「HELLO  サムシング!」で始まるユカイさんのブログ「ダイアモンド☆ユカイ オフィシャルブログ」が面白くて、一度読みだすと過去を遡って読んでしまうほどです(^^♪

 

まとめ

 

緑内障で失った視野は、二度と戻ることはありません。
男性より女性の方が発症率が高いそうです。

 

年に一度の検査を受けるのが早期発見に有効だそうです。

 

それと、セルフチェックとして、片目で見て視野が欠けていないか確認してみるのも良いそうです。

 

みなさんは、いかがですか?