日大アメフト 悪質タックル問題。売名行為って。。。

 

波紋を広げている「日大アメフト部 悪質タックル問題」

 

加害者とされる日大の選手の開いた記者会見は、誰もが納得できる潔いまっすぐなものでした。やってしまったことは悪いことだったけれど、きちんと謝罪し、経緯を正直に説明し、反省している姿勢は好感が持てたことと思います。

 

同時に、記者会見とは本来ああいうものだと改めて感じた。「事実を説明して疑問に答える」そんな簡単なことが最近の記者会見では全くできていない。

 

「記憶にありません」とか、「調査中なので答えられない」とか、記者会見を開いているというのに、余計に疑問が募るばかりでガッカリします。

 

 


 

今回の「アメフト問題」では、驚いたことに”お父さん”までもが記者会見を行いましたね。これは前代未聞じゃなかろうか? 私は凄く驚きました。いくら我が子が被害者でも、亡くなったわけではないのだから。

 

単独で記者会見を開き、テレビカメラの前で堂々と意見を述べる一般人って、どんだけの人物なんだろう…って。少なくても私は絶対に無理(笑)うちの夫も無理!(笑)

 

 

顔と名前を出してしまったら、次の日から生活が変わってしまうだろうに。どこへ行っても注目されてしまうじゃないの。それこそ、電車に乗ったって、歩いていたって。会社にも行きにくくなっちゃうし、仕事にも支障をきたすんじゃないかって、勝手に想像した私。

 




 

でも、この”お父さん”、そんな心配は全く不要な人物だった。
”お父さん”は、元々、顔も名前も出して仕事をしている大阪市議でした。

 

「なんだ、そうか」と瞬間で腑に落ちた私。市議さんだったら、大勢の前で自分の意見を述べるは得意なこと。むしろ、みんなの前で演説したいのだろうと思う。

 

ただ、もうすぐ市議を辞めるらしい。自身のフェイスブックにこう書き込んだ。

 

「私は、この事件に息子と、アメフト、アメフトを愛する両大学の子どもたちの為、日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる所存です」

「すでに、市議会維新代表にも伝えておりますが、私の記者会見前に決断していたことですが、任期満了を持って大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません」

「残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です。ご協力お願いいたします」と任期満了をもって市議を引退し、問題究明に乗り出すことを表明した。 

 

問題究明もいいけど、次の仕事はどうするのかな? 無職のまま、この問題に残りの人生をかけるというの? それは無いよね、家族を養わなきゃいけないんだから。もし、うちの夫がこんなこと言いだしたら、家庭崩壊だなー(笑)

 

ってことは、国政に進出して国会議員になるんじゃないのー?と巷での噂。売名行為かー?とも。

 

ホントのところは分かりません。
ただ、子供のために頑張るのは応援します。
そういえば、

 

うちの子供のPTA役員にも市議やってる母親がいて、その時私も役員だったから一緒に仕事したんだけど、まぁー自己中で酷かった! 自分は絶対に正しいと思っちゃってるから、校長が反対している案件も強引に賛成を押し通してさ~(-_-;)、おかげで回りは大変な迷惑を被ったわ。

 

その市議さん、自分中心に世界が回っているから、夜中でも平気でメールを送ってくる。こんな時間だから緊急の大事なメールかと思いきや、「今、私は夜汽車に揺られて実家の○○へ向かっています。大好きなキンキキッズを聞きながら。今日は皆さん、お疲れさまでした。」だとよー(怒)

 

 

仕事によって人格が変わる。

環境によっても人格が変わる。

お金によっても人格は変わる。