新生活 すぐ必要なもの。初めにやるべき手続き。

春からの新生活を控えている皆さん、準備は進んでしますか?

 

実家を離れて一人暮らしを始める方も多いと思います。不安と期待、楽しみと淋しさ、いろんな思いが交錯する中、準備に追われて大忙しのことでしょう。

 

かつて私は、中学生のころから一人暮らしがしたくてたまらない女子でした。自分だけの部屋、自分だけの時間、自分勝手な自由な生活に憧れていました。社会人になってからも家の事情で、中々一人暮らしが実現しなかったのですが、28歳の時、ようやく夢が叶って一人暮らしを始めることができました。

 

その時に、「一人暮らしを始めるのに、最低でも必要なもの、必要なこと」が以外と多くてびっくりでした。逆に、「これはすぐには必要なかったな」なんてものもあり、新発見の連続。全てが新鮮で、しばらくは本当に楽しい毎日でした。「さみしい」なんて感じたことは一度もなかった薄情者です(笑)



 

新生活 引っ越し前に必ずやること・手続き

1.電気の開通

電話かインターネットで、新居地域を担当する電力会社へ「電気の開通」を申し込みます。その時に、電気の使用開始希望日・支払方法などを決めます。

 

2.ガスの開栓

ガスの開栓は本人立会いでなければ出来ません。引っ越し当日、もしくは引っ越しの1~2週間前に、電話かインターネットで開栓日を予約します。

 

3.水道の開通

水道の開通も最寄りの水道局へ電話かインターネットで申し込みます。本人立ち合いは不要です。

 

新生活 先ず、必要なもの・必需品

 

1.照明機器

天井に部屋の電気機器がない場合があります。引っ越し前に確認が必要。

2.寝具

布団は要りますよね。「無くても眠れる」って人もいるかもしれませんが…(-_-;)

3.カーテン

夜になってから、カーテンが無いことに気が付く人もいるとか。それでは遅いです。

4.トイレットペーパー

意外と盲点。これがないと困ります~!

5.タオル

最低でも1枚はないと困る。逆に、1枚あれば何とかなる(笑)

6.洗面用具

歯磨きやお風呂で使うもの。

7.コップ

とりあえず1個はあると良い。

8.電子レンジ

これさえあれば、飲食は不自由しません。

 

最低でもこれくらいあれば、引っ越し当日は何とかなるはず。コンビニやスマホがある現代、すぐに必要なものってそんなに多くない。



新生活 すぐには必要なかったもの

 

1.炊飯器

自炊をするので小型炊飯器を買いましたが、後に「レンジ用炊飯器」を購入したらそっちの方がめっちゃ便利で、小型炊飯器は使わなくなりました。「レンジ用炊飯器」の方が早く炊けるし、洗うのも楽。場所も取らないし、電気代・水道代が節約できます。肝心のご飯のお味も悪くなかった。

【ポイント10倍】電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き[アンドストア レンジ用炊飯器 カクセー]レンジ用炊飯器 ごはん 炊飯 炊飯器

価格:923円
(2018/3/22 16:17時点)


2.洗濯機

近くにコインランドリーがあったので、そちらを利用しました。一人分の洗濯物なんて少量だから、特に苦痛は感じなかった。乾燥も出来るので雨の日などは便利でした。

3.掃除機

一人暮らしのワンルームは、ホウキとハタキと雑巾があれば綺麗に掃除完了します。

4.冷蔵庫

真夏じゃない限り、冷蔵庫は1~2週間なくても問題なかった。後で買いましたけど。

5.テレビ

私はテレビをあまり見ないので無くても困らなかった。平日は朝から夜まで会社で仕事、帰宅したらお風呂入って寝る生活、休日はたいがいお出かけ、なのでテレビ不要。

でも結局、あとで友達に要らなくなった小さいテレビを貰いました。

 

まとめ

いかがでしたか?

細かな必要品は、追々揃えていけば大丈夫。そのうちお部屋が物であふれないようにご注意を!

自分だけのお城で、快適なシングル・ライフを思う存分楽しんでくださいね(^^♪