お守りの 返納時期、返納方法、処分方法。

今まで持っている古いお守り、どうしていますか?

 



 

お守りの効果は1年が目安と言われてます。
「合格祈願」「安産祈願」などは、試験や出産が終わった時が処分するタイミング。願い事が済んだら返納しましょう。

 

でもこれは絶対的な決まりではなく、思い入れのあるお守りをずっと傍に置いていても全く問題はありません。

 

現在私の家にはいくつものお守りが返納せずに置いてあります。お守りを処分するということに罪悪感を持っていて、結構溜まってしまいました(;^_^A

 

しかしそうすることより、新しいお守りをお受けしたら古いのは返納する方が良いのだそうで、今年は願いが成就したお守りや役目を終えたお守り達を、感謝と共に納めに行こうと決めました。

 

そこで、「お守りの正しい処分、返納方法」を調べてみました。

 

 

お守りの処分、返納時期

 

一般的には、一年ごとに新しいお守りに変えるのが良いそうです。

「合格祈願」「安産祈願」「〇〇祈願」は、願い事が終わった時期が返納のタイミング。

 

お正月に限らず、一年中いつでも納めることができます。

 

 

お守りを返す(返納する)場所は?

 

基本的には、そのお守りをお受けした(購入した)神社やお寺へ返納します。

 

それが一番良いのですが、お受けした場所が遠くて多分もう行く予定がないとか、頂いたお守りだから場所がわからないとか、そういった場合は、近所の神社やお寺でも良いそうです。

 

その時に、神社で受けたお守りは神社へ、お寺で受けたお守りはお寺へ返納することが望ましい。お寺は仏様を、神社は神様を祀っています。その違いがあるので、こだわることがあります。

 

 

 

 

神社やお寺には、お守りを返納する場所(『古神札納め所』など)が設けられています。そこへ持参したお守りをお返しします。その際、そこに賽銭箱が用意されていたら、お焚き上げ代として気持ちを納めましょう。100円~500円くらい、またはそのお守りと同じ額など、本当に自分の気持ちで良いのです。

 

 

お守りを郵送で返却する方法も

 

遠くて自分では行かれないけれど、お守りは絶対に元の場所に納めたい!という場合は、郵送で返納することも出来ます。

 

封筒に、お守りとお気持ち(お金)を入れ、「お焚き上げ希望」と書い送ります。

 

 

 

まとめ

 

お守りを何個も持ちすぎていると、神様同士がケンカしてあまり良くない、という話も聞いたことがあります。

 

今年は一度お守りを見直して、すっきりと新たな気持ちでスタートさせたいな、と思います。

 

みなさんは、いかがですか?