鏡開き、いつやるの?

鏡開きって、いつやるんだっけ?

 



 

松の内も過ぎ、お正月も終わりました。
家にまだ飾ってある「鏡餅」を眺め、「この鏡餅、いつ食べるんだっけ?」という疑問。ありませんか?

 

なぜ、「鏡開き」と言うの?

 

刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用する。

 

だそうです。もっと言うと、

 

鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。また、鏡餅を食すことを「歯固め」という。これは、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。

 

※ wikipediaより。

 

 

「鏡開き」をする日

 

鏡開きをする日は、関東と関西では異なります。

 

関東では、1月11日。

関西では、1月15日、または1月20日。

 

 

まとめ

 

鏡開きが終われば、お正月行事は全て終わりですね。出来れば最後まで縁起にこだわってみたいものです。その方が気持ちが良いと思いませんか?