おせち料理用食材、値上がり前に冷凍すべし!

お節料理の準備、始めていますか?

 

今週末のクリスマスが終わればすぐに、お正月の準備に入ります。
お正月の準備で、主婦の頭を悩ますのが、「おせち料理、どうしよう…」ということではないでしょうか?

 



 

おせち料理を買う時代

 

昨今、すでにお重に詰めてあるお節料理を買う家庭が増えています。そのほうが断然 ”楽” ですもんね ♪それさえ買っておけば、あとはそれぞれ好きなものをチョコっと買い足せば、お正月の食事は完璧です。

 

問題は、そのおせち料理のお値段。結構、お高い!
お店の人に聞いたら、2~3万円くらいのものがよく売れているそうです。やっぱりそれくらいは仕方ないのかな、お正月だし少し贅沢しても良いよねー(笑)なんて自分の中で折り合いをつけて買っちゃたりしているのではないでしょうか (;^_^A

売切間近!!【2018年新春おせち予約】【博多久松】2018新春おせち おせちランキング214週以上1位達成和洋折衷本格料亭おせち『博多』★おせち料理≪特大8寸×3段重・おせち全45品・4~5人前≫【送料無料】【おせち年越し特集2018】特大おせち

価格:15,800円
(2017/12/21 15:41時点)
感想(19320件)


できれば我が家もそうしたい。出来ているおせち料理を買って終わらせたい。でも、それダメなんです(泣)うちには魚介・甲殻類アレルギーの夫がいるので、おせち調理に必ず入っている、エビ、鰤、鯛、カニ、数の子、田づくり、は食べられない。昆布巻き、タコも食べないから、一般のおせち料理のほとんどが食べられないという。これは本当に困る!

 

だから我が家のお重の中身は、伊達巻、栗きんとん、かまぼこ、ハム、ローストビーフ、チーズ、りんご、プチトマト、ホウレン草のお浸しなど、好きなものを詰めておきます。なんとも自由すぎるおせち料理!

あとは、お雑煮と、煮物をプラス。

 

 

冷凍保存できる正月用野菜

 

お雑煮や煮物に使う野菜類。里芋、大根、ニンジン、三つ葉、蓮根、ゴボウたち、クリスマスが終わると一斉に「これでもか!」というほど値上げします。完全に消費者の足元を見られている感じで。

 

農家さんにとっては書き入れ時だからごもっともなんだけど、主婦にとっては痛いところであります。それでなくても年末年始は出費が嵩む。なるべく節約したい。

 

なので私は値上がり前の今のうちから、お正月用の食材を買って、冷凍保存しています。

 

冷凍保存するのは、

・里芋(煮物用にカットして生で冷凍)
・蓮根(サッと下茹でしたから冷凍)
・ゴボウ(酢を入れて茹でてから冷凍)
・大根(カットして生で冷凍)
・ニンジン(カットして生で冷凍)
・きのこ類(小房に分けて生で冷凍)
・白菜(カットして生で冷凍)

・鶏肉(小分けして冷凍)
・かまぼこ(カットして冷凍)

 

こんな風に、ほとんどのものは冷凍保存できます。

 

冷凍保存した野菜は、繊維が壊れ、火が通りやすく味がしみ込み易い特徴があります。あまり煮込みすぎると柔らかくなりすぎて形が崩れるので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

うちみたいに好き嫌いが多い家族がいると、正月料理の準備がちょっとヤッカイです。日本のおせち本来の意味を子供に承継したいと考えた時期もありました。でも今となっては、もういいかな、と。子供も大きくなったことだし、正月早々、嫌いなものを食卓に並べれても苦痛でしょうから。

 

せっかくのお正月。家族で気分よくご馳走を囲むことができれば何よりです。

 

みなさんはいかがですか?