アナウンサー・渡辺真理。親の介護は、住み込みヘルパーさんと。

出典:http://hotweb.tokyo-np.co.jp/sukifan/201309.html

 

渡辺真理さん。すっかりテレビから遠ざかったようで、見る機会が無く、忘れていました。

可愛くて聡明なイメージの強かった彼女も、50才だそうです。

 

出典:http://www.yomiuri.co.jp/adv/sfc/page02.html

 

なんか、すごく老けちゃったのね( ^ω^)・・・。ちょっと、ビックリ。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142621038142145101

 

「ニュース・ステーション」に出ていた頃が一番仕事が充実していて、綺麗で輝いていたように思います。

 

今は雑誌の対談や、シンポジウムなどの司会のお仕事をされているようです。

 



 

先日は、雑誌「女性自身」の取材に答え、「両親の介護」について語っていました。

 

98年、父親(’14年に他界)、続いて母親を自宅で介護する生活が現在も続いているそうです。

 

私も両親の介護を10年以上続けていて、同時に5年間ホームヘルパーとして働いた経験から、介護がどれほど大変なものか、よく理解しているつもり。

 

なので、渡辺真理さんの親の介護についての記事は、とても興味深く読ませていただきました。

 

がんばって生きてきた人生の終盤、どなたも好んで介護生活に入られるわけでないから、興味本位でその生活を晒すことになったり、介護=過酷のひと言で片づけるのは個人的に嫌です。(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00010014-jisin-soci)

 

「さすがに一流アナウンサーの言うことは違うなぁ~!」と、感心しながら更に読み進んで行くと、今度はガッカリするようなことが書かれていました。

 

現在、渡辺真理さんは、2世帯住宅に母親と夫とお住まいで、そしてもう一人 住み込みのヘルパーさん” がいる、と言うではないですか!

 

なんだ~ Σ(・□・;)

住み込みのヘルパーさん” がいるんだったら、真理さんにとって介護は全然楽勝じゃないですか!!

 

本当に大変な介護の部分はヘルパーさんがやってくれるのだから、真理さんは時間があるときだけ料理や洗濯、話し相手をすればいいのでは?

 

お母さまは要介護5ということは寝たきりの状態なのでしょうけれど、24時間専属のヘルパーさんが付いているなんて、まさに『お金持ちのなせる業』ですね。 イイナ~…。

 

住み込みのヘルパーさん を雇うとしたら、月30万前後かな?もっとかな?
まぁ、一般家庭では厳しい額ですよね。

 

こういう方に「親の介護」を語られても、全く響いてきません。本当の介護の大変さを知らないと思います。

 

その後の記事は、読む気が失せました。
少なくとも私とは状況が違いすぎる。介護の大変さは人それぞれで、その中でも経済状況の良し悪しは、受けられる介護サービスの質と量に大きく影響します。個人の親を大切に思う気持ちを計ったり比べたりできないように、他人の介護生活をとやかく言う気はありませんが、私が日々やっている介護とは違うなーと。

 

みなさんは、いかがですか?