小林麻央さん、死去。34才の若さで。。。

出典:https://matome.naver.jp

乳がんで闘病中だった小林麻央さんが、6月23日、亡くなりました。

 

ブログで闘病する様子を公開していた麻央さん。
20日にも「オレンジジュース」と題したブログを更新し、笑顔の写真を載せていた。

 

 

 

 

 

最後まで、可愛い人でした。

※ 麻央さんのブログから写真をお借りしました。

 

 

とうとう、「その日」が来てしまった。

しかも、突然に。

まだ34才。

ふたりの幼い子供を残して、さぞかし無念だったに違いない。

そして自分の親より先に逝くなんて。

苦しくて、辛くて、身の置き場のない悲しみを、

彼女は乗り越えてきた。

最後は何を思ったのか・・・。

 

人生とは、分からないものだな、と改めて思う。

麻央さんも「こんなはずじゃなかった」だろうに。

まさか、まさか自分が、こんなに短い人生に終わるとは。

 

彼女はある記事で、

「小さい子どもがいるのに死んでしまったら可哀そう、

と、みんなは思うかもしれないけど、

私はそう思われたくありません。」

と語っていました。

 

短くても長くても、人生は内容が大事。

私は強く生きた母でありたい。

 

そのような事を語られていたと思います。

また、

「病気が私の人生の最大の出来事で無ないのです。」

とも。

 

確かに、34年間、色んな事があったでしょう。

テレビに出るようになって、

海老蔵と結婚して、

子供をふたり産んで、

 

でも、最後は辛かったですね。

本当に良く頑張ったと思います。

そして多くの人に影響を与えました。

この世に生きた証をしっかり残したと思います。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。