夏の暑さ、乾燥に強い、手間いらずで花期の長い夏の花はこれ!

出典:http://www.weblio.jp

 

夏の乾燥や暑さに強いのに、毎日花を咲かせる可愛い花を紹介します。

 

これから訪れる暑い夏!
外に出るのも嫌になる日があるでしょうけど、それでも我が家の前には可愛い花を植えていたいもの。

 

でもつい、水やりを忘れちゃったり、気が付いた時にはすでに遅し…で、お花がぐったりしてダメになってしまっていたこと、ありませんか?

 

これから植える夏の花は、多少水やりを怠っても大丈夫な、暑さに強い花が良いですよね。

水をあまりあげなくても良い植物と言えば「サボテン」が代表的ですが、このサボテンのように多肉植物の仲間は葉の部分に水分を貯蔵できるので、暑さに強く、多少の乾燥にもへこたれない夏の花壇に向いている花と言えます。

 

かつて公園花壇の管理スタッフをしていた私の経験から、これから植えるのにおすすめな花を紹介します。

 




 

ポーチュラカ

 

ハナスベリヒユとも呼ばれるポーチュラカは多肉質の葉を持ち、乾燥と暑さに非常に強く、猛暑でも毎日次々と可愛い花を咲かせてくれます。多年草ですが寒さに弱いので、冬を越さずに1年草扱いになることが多い。

 

花期が、5月~10月下旬と長いのも嬉しい。
地を這うように横に広がり育ち、差し芽で簡単に増やすことが出来ます。

 

花色は黄、ピンク、オレンジ、白が主でしたけれど、近年は改良が進み、変った花も楽しめるようになりました。

出典:https://www.shuminoengei.jp

出典:http://www.h7.dion.ne.jp

絞りの入った花も登場しています(^^♪ 可愛いですね。
八重咲きのポーチュラカもありますね。

 

ただ、ポーチュラカは蔓が伸びて形が崩れやすい。そのままにしておくと、間延びした弱々しいお姿になってしまいますから、そうなる前に刈り込みましょう。

 

 

マツバギク

 

出典:http://boss2000.fc2web.com/ab-5906-23.html

 

南アフリカ原産の多肉葉のマツバギク。アフリカ原産なだけに乾燥には非常に強く、日光が大好きです。なので日陰では花が咲きずらく、日の当たらない夕方や曇り、雨の日は花を閉じてしまいます。

 

出典:http://higashiwaka.sakura.ne.jp

 

花色は、ピンク、オレンジ、黄、赤、白を基調に色んな種類があります。

出典:http://higashiwaka.sakura.ne.jp

 

 

似ている花で「マツバボタン」があります。これも同様に夏に強いです!

出典:https://www.shuminoengei.jp

 

ベコニア

 

出典:http://hirozou.at.webry.info

 

お馴染みの「ベコニア」。これも丈夫で暑さと乾燥に強く、次々に花が咲き、長く楽しめます。
日本には昔からあるベコニアですが、この頃は沢山の種類の様々な形をしたベコニアがホームセンターや花屋さんに並んでいます。

出典:https://www.shuminoengei.jp

 

出典:https://plaza.rakuten.co.jp

 

出典:http://item.rakuten.co.jp/e-8783/kiiro88g-10/

 

 

八重咲の可愛い花が増えました!

 




 

カランコエ

 

出典:https://hanatama.jp/kalanchoe.html

 

「カランコエ」これも多肉で手間いらずの植物。花期も長く、何度も繰り返し開花します。こちらも差し木で簡単に増やせます。

 

出典:http://happamisaki.jp-o.net

 

出典:https://shiny-garden.com/post-3381/

 

出典:https://ar-flower.com/karankoe7/

 

出典:http://eco-le.jp/articles/353

 

出典:https://www.shuminoengei.jp

 

いろいろ有って、綺麗ですね!
ベコニアは葉っぱが腐りやすいのが難点。腐って溶けた葉はすぐに取り除き、水のやりすぎに注意しましょう。

 

 

ガザニア

 

出典:https://horti.jp/7223

 

ド派手な花を咲かせる「ガザニア」。多肉ではないものの、高温乾燥には強い花です。ただ、多湿には弱いので定植は梅雨が終わってからが望ましい。

 

花期は非常に長く、11月まで咲くので寄せ植えには向いていません。花壇向きです。背も50cmくらいに高くなります。

 

 

日々草(ニチニチソウ)

 

定番中の定番「ニチニチソウ」。
この花は毎日本当に良く咲く。しかも手間いらず。ただ、花柄も多く出るので、摘み取る作業をお忘れなく!

 

こんなフリフリ花びらのニチニチソウもある。「フリンジビンカ」と言う。

 

私の超・オススメは「ミニナツ」。

 

小輪のニチニチソウ。この華憐な容姿からは想像もできないほど丈夫で、害虫知らず。夏の猛暑にも負けずモリモリ育つので、一株植えるだけで存在感のある株に成長します。

 

秋口まで本当に良く咲くので、途中で肥料をあげてくださいね。また、密集すると、中の方が蒸れて枯れるので適度に摘心を!

 

マリーゴールド

 

これも夏の定番。
非常に丈夫で次々と花が咲きます。花期も長い。黄色やオレンジの鮮やかな花色は花壇を明るくします。

 

アゲラタム

 

涼しげな青い花「アゲラタム」
これも公園花壇には重宝するお花。何が良いかって、花柄を摘む手間があまりかからないこと! それに色あせしないこと!! これは嬉しい(^^♪

 

そしてやっぱり丈夫で長持ち。その上お値段が安い!(笑)

 

ジニア(ヒャクニチソウ)

 

これも夏によく見るお花、ジニア。私も大好きで、よく植えます。花もちが良く、一度咲くといつまでも咲いているイメージがある。

 

ピンクの花は、比較的色あせが目立ちます。白とオレンジはあまり目立ちませんが、中心が盛り上って黒くなってきます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

他にも高温乾燥に強く、花期が長い花として、

 

「ルドベギア」

出典:http://gbiz.saloon.jp/kaidan/life673.html

 

「ガウラ」

出典:https://niwablo-plus.jp

 

「ユーフォルビアダイヤモンド」

出典:http://greensleeves.blog.shinobi.jp

 

なども。

お気に入りはありましたでしょうか?