坂口杏里 恐喝未遂で逮捕。なぜ?ホストにハマった理由。

出典:http://www.oricon.co.jp/prof/461911/

恐喝未遂で逮捕された坂口杏里。21日、釈放されました。

 

たった3万円のために容疑者となり、逮捕されて前科者となり、かつてアイドルだった彼女はとうとうここまできてしまいました。

 

なんか、悲しいなぁ・・・(泣)

 

坂口杏里を見ると、どうしても思い出してしまうのはお母さんの坂口良子。
本当に綺麗で、存在感のある素敵な女優さんでした。ご病気のため早くこの世を去りましたが、まさか自分の愛する娘が今こんな状態であるなんて、想像すらしなかったことでしょう。

 

出典:http://www.hochi.co.jp/entertainment

 

まだ高校生だったころの坂口杏里と坂口良子のツーショット。
あどけない可愛いお嬢さんじゃないですか。整形なんかしなくても十分に可愛かったのに、何であそこまで顔をいじってしまったのか。もう、外見も中身もすっかり別人。

 

出典:http://girlschannel.net/topics/148603/

 

坂口良子さんが亡くなったことで莫大な遺産を手にした杏里は、六本木ヒルズに住むようになりました。そしてそこから歌舞伎町のホストクラブ通いが始まったそうです。

 

毎晩のように数百万円を使い、遺産の数千万円があっという間に無くなったという。どうしてそこまでの大金をホストにつぎ込んだのか?それにはちゃんと理由がありました。

 

杏里がお気に入りだったホストにライバルが現れたからです。
要するに、ひとりのホストの争奪戦です。同じホストを指名して、より多くのお金を使い、より多くの時間自分に同席させたかを争う、しょーもない戦い。これに勝ちたくて、お金をじゃんじゃん使いまくったようです。

 

そして、その”ライバル”というのは、元・女医タレントの脇坂英理子でした。

この人は2016年に診療報酬詐欺で逮捕されています。犯罪者の先輩ですね(笑)。
この人と張り合っていたんだそうで。

なんてまぁ、虚しい遊びをしていたんでしょうか。時間もお金も、もったいないったらありゃしない。。。

 

そんなこんなで金欠になり、3万円の恐喝に至ったわけですが、ホストクラブって、そんなに自滅するほどハマってしまう楽しいところなの?という疑問が、行ったことのない私には強くあります。
 



 

ホストクラブにハマる人

 

ホストクラブにハマってしまう人の一番の特徴は、「寂しい人」だそうです。
心の隙間を埋めてくれるのがホストの役目でもあります。

 

ホスト達はとにかく接客のプロ中のプロ!
お店に来た女性客にはとことん優しく接し、褒めておだてまくり、ちやほやとお姫様扱いをするそうです。そして「これは貴女だけ特別に、だよ。」とささやく。普段、女として寂しさを感じている人は、もうここで「沈」です(笑)。

 

ホストの中には人生経験豊かな40~50歳代の人もいます。特に彼らは、相談ごとや悩み事を親身になって聞いてくれて適切なアドバイスをするという、とっても頼りになる存在。
たとえ愚痴でも最後まで優しく聞いて、あなたの味方になってくれるんだそうです。そんなことをしてくれる友達がいない人は、ここで「沈」ですね(笑)。

 

ホストはお店の外でもとことん付き合ってくれます。家まで高級車で迎えに来てもらい、そのままディズニーランドでデートしたりして。とにかくどこでもカッコ良くエスコートしてくれるので、寂しい女心が満たされる。そして、ハマっていく・・・。

 

 

ホストクラブの落とし穴?

 

ホストクラブの料金体制が独特です。

 

どのお店も「初回料金」というのが設定してあり、飲み物付きで2時間5000円~10000円ほど。その間にホスト達が入れ替わりで対応します。20分で入れ替わるとしたら6人のホストと話ができることになります。

 

2時間飲み放題でその料金だったら、安いですよね。それでお姫様気分を味わえるなら、楽しいと思います。

 

だから、また行ってみたくなっちゃうんですが、2回目からはしっかりと料金がかかります。

・座席料金
・ホスト指名料金 ×人数分
・飲み物代金(ホストの分も)
・Tax(サービス料×消費税)

これでおおよそ、5万円~10万円かかるそうです。

 

また、イベントや記念日があると、更にお金がかかります。

 

そしてお気に入りのホストの売り上げを伸ばすために高級なボトルを入れてしまったり、酔った勢いでタワーしてしまったり。こうして湯水のようにお金を使うようになっていくんですね。

 

 

まとめ

 

坂口杏里は、プロダクションとホストクラブが連携してAVに沈められた経緯があったようで、既にもうどっぷり漬かってしまっている感じです。ここから抜け出すのは、なかなか難しい。

 

今回、釈放されたものの、誰も杏里の身元を引き取りに(迎えに)来てくれなくて、警察のほうで困ってしまい、仕方なく車を手配したようです。

 

彼女には、実兄もいるし、義父の尾崎プロもいるけど、AVに転向して以来絶縁状態になっているという。いい人だった小峠ともすでに別れちゃってるし、友達もどんどん離れて行って、、、なんて孤独になってしまったんだろう。悲しい・・・涙。

 

誰か近くに手を差し伸べてくれる人はいないのでしょうか。
この先、一人で生きていけるのか、余計な心配をしてしまう。

 

まだ若いんだから、頑張ってください!