「医療費控除」を忘れずに申告して、得しよう!

医療費2

 

昨年の医療費が10万円を超えたらなら、「医療費控除」を申告しよう!

 

確定申告の季節になりました。
期間は、2月16日(木)〜3月15日(水)です。

 

「うちはサラリーマンだから、関係ないや!」という方でも、去年1年間で医療費が10万円を超えた方(家族全員分合計で)は、是非とも『医療費控除』を申告をして下さい。そうすると、税金の一部が戻って来るという嬉しい事が起こります。

医療3

 

『医療費控除』のやり方は、決して難しくありません。数字が苦手な私でも出来るくらいですから(笑)。昨年かかった病院や薬の領収書をきちんと取ってあることが大前提となりますが。

 

『医療費控除』の申告期間は、確定申告の期間とは違います医療費が10万円を超えた年の翌年1月1日から5年間、税務署でいつでも申告することが出来ます。(ネットでも可)



『医療費控除』に必要なもの

1.「確定申告書」

2.「医療費の明細書」

1・2の入手方法

  1. 税務署や役所へ取りに行く(どこの税務署・役所でもOK)
  2. 税務署から取り寄せる
  3. 国税庁のウェブサイトからダウンロードする
出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/11889/

出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/11889/

税務署へ足を運ぶと、このような↑ 書類と領収書が入れられる封筒をセットにしてもらえます。ついでに、書類の書き方も教えてくれるので安心です。

 

3.医療費の領収書(1年分)やレシート。

4.通院に要した交通費を計算したメモ(自分で作成する)

5.源泉徴収票(サラリーマンの場合)

6.貯金通帳

7.認印

 

記入方法で分からない所があたら、空欄にしておいて、税務署に行ってから聞いて書けば大丈夫です!

 

 

『医療費控除』の対象になるもの

 

通院(歯科含む)、入院、診察、治療、検査、薬の費用、病院までの交通費は全て『医療費控除』の対象になります。

他に、

・市販のかぜ薬
・治療のためのマッサージ・はり・お灸費用
・松葉杖・義足の購入費用
・レーシック手術費用
・特定健康検査・特定保健指導費
・入院の部屋代、食事の費用
・妊娠中の定期健診、検査費用
・出産の入院費
・子どもの治療のための歯科矯正

 

出典:http://www.drug-sakaiya.co.jp

出典:http://www.drug-sakaiya.co.jp

 

なども対象になります。

 

 

『医療費控除』を申告したら、いくら戻ってくるのか?

 

大して戻らないのなら、申告の手間がかかるだけで得した気持ちになりませんよね。

 

戻る金額は所得によって異なりますが、普通のサラリーマンだったら、

「申告した医療費」ー「10万円」= 返金額

 

と、考えて良さそうです。

 

 

医療費が10万円未満の方に朗報!

 

2017年の税制改正で、「セルフメディケーション税制」という医療費控除の特例が出来ました

これは来春から申告できる制度なのですが、1年間で1万2000円を超えるスイッチOTC医薬品(市販薬)を購入した場合は所得から控除される、というものです。

 

ドラッグストアで売っているかぜ薬などを年間合計1万2000円以上買ったなら、この税制優遇の対象になるということ。

 

例えば、
所得税率20%(年間所得330万~695万)の人が、年間で15万円のスイッチOTC医薬品を購入したとすると、13万8000円が所得から控除され、27600円の所得税が減税されることになります。(さらに住民税が10%(13800円減税されます)

出典:http://iitokoronet.com/2017/01/22/post-17316/

出典:http://iitokoronet.com/2017/01/22/post-17316/

 

ただし、この「セルフメディケーション税制」を受けるには条件があって、
厚生省では、

「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」

を対象にしていると言います。

 

どういう事かと言うと、定期健康診断や予防接種(インフルエンザなど)を受けて健康維持を心がけている人に限るというのです。

 

なんだか面倒ですね・・・(・ε・)誰でも受けられるようにしてくれたらイイノニ!

 

 

まとめ

 

我が家は昨年、夫の病気やケガが多かったので、年間医療費が軽く10万円を超えました。もちろん、税務署へ行って『医療費控除』申告してきますよー(^^♪

 

みなさんは、いかがですか?