大人気!”飲む点滴”。とっても簡単♪甘酒の作り方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あさイチ」放送以来、人気急上昇の「甘酒」が、自宅で簡単に作れます!

 

12月5日に放送したNHKの「あさイチ」→「”飲む美容液!驚きの”甘酒”パワー」

この反響がすごくて、今、スーパーへ行くと、これでもか!というくらい沢山の甘酒が売っています。

 

私は甘酒が身体にイイコトは前から知っていたので、

時々自分で作って飲んでいました。

 

「あさイチ」でも、甘酒の作り方を紹介していましたが、

私はもっと簡単に作っています。

 




「あさイチ」では、もち米を使っていましたが、普通のお米でも美味しく出来上がります。

麹も、良く売られている乾燥麹を一袋そのまま使うので、計量する必要がありません。

 

ただ、私は「保温調理鍋」を使いますので、それがあると本当に簡単に出来上がります。

保温鍋は、安いので構いません。(サーモスとかじゃなくても大丈夫です!)

私が使っているのはこれ ↓ なんですが、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一見しておわかりの如く、なにしろ古い型なので、同じのは今は売っていないと思います。
(ちなみに、私はこれをセール価格の1000円ほどでネット購入しました。)

 

現行で一番値段が安いのは、これ ↓  かな?

z【送料無料】オレクシー 楽々保温調理器 18cm・2.4リットル  ギフト プレゼント 贈り物に OC-1

価格:2,280円
(2016/12/7 17:34時点)

「ヤフオク」などで、もっと安く出品されていることもあります。

 

保温調理鍋がない場合は、炊飯器でも作れますが、
私はそれをやって、炊飯器を壊してしまいましたのでご注意ください。

 

または、こういうタイプの↓ 「ヨーグルト・メーカー」でも作ることが出来ます。
(これは、ツインバ―ド製: 3400円。)

 

とにかく、6時間以上、保温出来れば何でも良いのです。

私の実家では、母が鍋をバスタオルで包み、それをこたつに入れて作っていました!

 

 

甘酒の簡単な作り方

 

さて、肝心の作り方。

 

材料:

・ 米 1合
・ みやこ麹  1袋(200g)※スーパーでよく見かけます。

伊勢惣みやここうじ(四角型)200g(乾燥米麹)[塩麹作りに 甘酒作りに 麹でべったら漬け 醤油こうじに 発酵食品]

価格:293円
(2016/12/7 18:02時点)
感想(50件)

・水 2カップ(400cc)

 

以上3点のみ。

 

作り方:

1.米1合を、2合分の水で炊く。

2.炊きあがった米に、水を2カップ入れてよく混ぜる。

3.袋の中で砕いたみやこ麹を入れ、弱火にかけながらよく混ぜる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4.約60~65℃ まで熱したら、保温鍋に入れて6時間以上放置する。

保温温度が下がるので、途中で火を入れ直し、かき混ぜてください。
甘酒作りは温度が低すぎたり高すぎたりすると上手く発酵しません。
かき混ぜることで甘さが増します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味見して、甘くなっていたら出来上がりです。 保存は冷蔵庫で1週間程度。

(発酵しすぎると、酸っぱくなります。)

 

※ 食品用の温度計をお持ちでない場合、60~65℃ の目安は、自販機のホット 緑茶や、缶コーヒーより熱いくらいです。自販機のホット飲料は、50~60℃ に設定されています。

 

飲むときは、これをお湯や豆乳などで薄めて、お好みの味で楽しめます。

ミルク代わりに、コーヒーに入れても美味しいです!

 

 

まとめ

 

市販の甘酒は手軽で便利ですが、結構いいお値段ですし、
味が薄くて塩が効いていて、、、私は苦手です。

自作だと、美味しく感じます。(自己満足)

 

身体が温まるし、お肌が綺麗になるし、疲れも取れるなんて、最高です!!

 

みなさんもいかがですか?