デイサービスの送迎車には注意せよ。サイドミラーを当て逃げされた!

出典:http://sakurakai-gp.or.jp/

出典:http://sakurakai-gp.or.jp/

 

デイサービスの運転手は高齢者が多いから、よーく注意しないと危ない!

 



 

昨日の夕方、一方通行ではないけど、まともに車がすれ違えないような狭い両側通行の道を走行中、向こうからやって来たデイサービスの送迎車(タウンエース)にサイドミラーを当て逃げされました。

 

その道で車がすれ違う時は、”片方が端によって止まって待つ” という感じでいつも通行していました。
双方のドライバーが目や手で何気なく合図し合い、狭い道でも事故が起きることなく、「抜け道」として重宝されている通りだった。

 

昨日もいつものようにその道を通過中、向こうからデイサービスの送迎車が来たので、私の方が端によって車を止めて相手の通過を待っていました。

 

そしたら有ろうことに、その送迎車のサイドミラーが停車中の私の車のサイドミラーに「パコッ」と音を立てて当たったのです。

 

私の車は軽自動車なので、相手のワンボックスカーの方がやっぱり作りがしっかりしているんでしょうね、当たった拍子にこちらのサイドミラーは畳まれてしまいました。

 

私が、「え~っ!ちょっとー!!」

 

と頭にて、ドライバーの顔を見たら、高齢の男性が運転していました。

 

そして、当たった自分のドアミラーをちらっと横目で確認しただけで、
私の方は意識的に見ないようにして、そのまま走り去っていきました(怒!)

 

ミラーが当たったのは分かったのに、無視して逃げた。 まさしく「当て逃げ」です。

 

私は車を降りて、去ってゆくデイサービスの送迎車を見ました。

そして、車種と、デイサービス事業所の名前は確認できたのですが、車のナンバーは分かりませんでした。

 

私は自分の車のドアミラーが壊れていないか気になり、見てみました。
少し傷が付いていましたが、動きは問題なかったです。

 

まったく、年寄りだからって、福祉車両だからって、当て逃げしていいものではないでしょうに。

 

でも、幸い、車が壊れたわけではなく、少し傷ついただけで良かった。
と、思ってしまった私は、しばらく怒りが収まりませんでしたが、それ以上何もしませんでした。

 

そして後悔したのは、

 

「あの時、警察に被害届を出しに行けばよかった!」  と、いうこと。

 

相手の車のナンバーは覚えられなかったけれど、車種と、デイサービスの事業所名と、時間、場所が分かっていれば、犯人は特定できたのにー(泣)

 

 

こういったドアミラーの当て逃げ事故って、多いようです。

そして、大抵は泣き寝入り。警察へ行って、説明して、手続きするのが面倒なのでね。

 

だけど、侮るなかれ。 「当て逃げ」の罰則は以下の通り。

 

危険防止等措置義務違反 5点

安全義務違反      2点

これらの加点となり一回で免許停止になります。

 

 

まとめ

 

最近、高齢者による死亡事故が増えています。
巻き込まれた方は、怒りのやり場が見つからないでしょう・・。

 

デイサービスの送迎のアルバイトも、高齢者が多いです。
実際、うちの義父も、退職後の仕事としてやっていたことが有ります。
「年寄りが、年寄りを運んでる。」って自ら皮肉っていました。

 

みなさんも、気を付けてくださいね。