ラーメンに指が混入していた、って本当?

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3

ラーメンチェーン大手「幸楽苑」の静岡清水インター店で、人の指入りラーメンが提供された!?

 

事件が起きたのは、9月10日のお昼。

2人の子どもを連れた女性が来店。食事中、子どもが食べていた「お子様セット」のラーメンのチャーシューの上に人の指先が乗っているのを発見しました。

 

この時点でもう、かなりエグイ! 人の指、ですよ!!
幸い、子どもさんが食べる前にお母さんが気が付いたから良かったようなものの、下手したら食べていたわね、きっと・・・(・0・)




 

どんなモノが入っていたのか?

 

保健所が確認したところ、混入したのは幅1センチ、長さ7~8ミリの爪の付いた人の指先だったそうです。

 

どうやら、指先がそのまま切断された姿でラーメンに入っていたわけではなくて、あくまでも”爪の部分”なんだとか。

 

「爪が入っていたのは事実ですが、指ではないのです。9月8日、パートの女性従業員が厨房のスライサーでチャーシューを切っているとき、誤って右手の親指の爪をそっくりはがしてしまったのです。かなり出血し、本人は痛がるわ周囲の従業員もパニックになるわで、慌てて病院に連れて行ったのです。その際、彼女がスライスしたチャーシュー50~60枚を廃棄処分し、はがれた爪を捜したけど見つからなかった。そこで事故の前にスライスした分を冷蔵庫に保管したのですが、その中に爪が混入していたようなのです。保管前に取り置いたチャーシューとスライサーの距離は40~50センチ。はがれた爪がそれだけ飛んだことになります。」

 

指を切った従業員の方、死ぬほど痛かったでしょうね。。。(涙)
それでも、縫うほどの怪我ではなかったというのですが、そのはがれた爪はまた生えてくるのか、他人事ながら心配してしまいます。

 

怪我をした従業員は1ヵ月ほどで職場復帰したそうですけど、私だったら、転職するかも。
「また、やっちゃうんじゃないか・・・」って考えがよぎってしまいそうで、同じ作業は多分無理だな~

 

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%ef%bc%91

 

 

その後、店の対応は?

 

店側は翌日、数千円の手土産を持参で女性を訪ね、謝罪したそうです。精神的ショックで病院にかかった場合、全額を補償すると約束もしたとのこと。

 

すんなり和解できたようで、良かったですね。 場合によっては大事になりかねない事件ですよ。
もし、その女性が ”その筋の人” だったりしたら・・・って考えると怖い。

 

あるいは、最近多くなってきている ”クレーマー” だったり。

 

厄介なことにならなくて幸いだったのに、今になって報道されちゃうとは想像していなかったことでしょう。
これはかなりのイメージダウン。 私だったら、そのラーメン屋は絶対に避けますもん。。。
いくら美味しくても。

 

 

他の「異物混入事件」

 

2002年、ローソンのおにぎりに指が混入していたという衝撃的なニュースが有りました。

でもこれ、正確に言うと、「指の皮」が入っていた、というもの。 世間が面白おかしく事件に肉付けをして、大げさになってしまったようです。 でも、やっぱりやだな~(汗) 知らない人の指の皮だなんて。。。

 

1978年、「手首入りラーメン事件」がありました。

これはもう、完全に”その筋の人”の仕業。バラバラ事件の末の犯行です。マジすぎてコワッ(泣)

 

異例として、

カナダの「指入りカクテル」。 アルコール漬けにした本物の「人の足の指」入りカクテル「サワートー」っていうのが本当にあって、カナダ北西部のホテルのバーで名物として提供されているらしい。

注文した客は、この足指は飲まずに残すのがルールだそうですが、この指を飲んじゃったお客さんがいたようで、罰金約5万円を請求されたということです。

 

それにしても、「指入りカクテル」だなんて、どこまで悪趣味なんでしょうね。
それをまた好んで飲む人がいるんだから、人の趣味趣向って多種多様すぎて理解しがたいです。

 

けど、どんな趣味でも否定はしません。(共感できなくても、) 人それぞれですから。
自分が普通だと思い込んでいたことが、実はとんでもなく異常だった、なんてことは良くある話です。

 

私のエピソードですが、
我が家では幼いころから母が「納豆の天ぷら」を良く作ってくれて、それがとっても美味しく大好物でした。
ある日、小学校で、「好きな食べ物、嫌いな食べ物」を発表する授業があり、私は迷わず、「好きな食べ物は、納豆の天ぷらです!」と、みんなの前で発表しました。

そしたら、先生に、

「納豆は天ぷらにはしないわよ。」

と、言われて、笑われました。

ひどい先生でしょ、”納豆の天ぷら”を先生が知らなかっただけなのに!
教師失格です(怒)!!

 

ちなみに「納豆の天ぷら」の作り方:
納豆に小麦粉と卵と長ネギのみじん切りを混ぜて軽く塩コショウで味付け、スプーンで油に落とす。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

食べ物の「異物混入」って、命に関わったりもするから怖いです。

 

私的には、「中国産」の食品が怖くて、絶対に買いません。
中国産の冷凍食品とか、全く信用していません。

外食もほとんどしません。

 

でも、きっとどこかで知らず知らずに食べちゃっているんだとも思います。

 

飽食の時代、食の安全は守れるのか・・・。 無理かな~(><)