癌にならないために、気を付けるべきこと3つ。

 

%e3%82%b5%e3%83%ab

 

この頃、癌であることを公表する有名人が増えている。

 

聞くと辛い告白だけど、同じ病気と戦っている人にとっては、共に頑張る励みになるに違いない。

「あの人も辛い治療に耐えている。大変なのは自分だけじゃない。」と思えば、孤独感が和らぐだろうし、心強く感じるのではないでしょうか。

 

私は幸い50歳を過ぎた今まで、手術というものをしたことがない。ましてや癌になったこともない。
これまでで一番大きな病気といえば「十二指腸潰瘍」なんですが、これも1週間の入院で、投薬によって治りました。

 

危ないのはこれから。 年を重ねるごとに癌になる可能性は増える。「癌にはなりたくない・・・」 多分、みんなそう思っている。

 

では、どうしたら癌にならずにいられるのか。
そんな方法があったら是非、知りたい!と思って調べてみました。



癌にならないために、その1 免疫力UP。

 

癌にならないためには、免疫力を高めることがとても重要です。これはどんな病気にも通じるこであり、癌にとっても例外ではありません。

 

ヒトの体の中で日々作られる新しい細胞37兆2千個。
これらが全て正常な細胞として形成されれば問題ないのですが、残念ながらそうはいかず、中には人体に悪影響を及ぼします異常な細胞(=癌細胞)として誕生してしまうものがあります。

 

「あー♪、今日はすごく体調が良い!」という日でも、ヒトの体の中では数千個の癌細胞が毎日誕生しています。それなのに私たちが健康でいられるのは、「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」のおかげです。

 

NK細胞は24時間休むことなく体中の癌細胞やウイルスを探し回り、それらを見つけると攻撃し、撃沈させます。

 

しかし、撃沈されず生き延びた異常細胞があったりすると、体内でふつふつと増殖し、腫瘍となり、転移し、そこでもまた増殖し・・・これを繰り返して身体を蝕んでいきます。

 

この異常細胞の塊が、癌です。
免疫力が低下しているということは、NK細胞の活動が滞っていることであり、癌細胞を攻撃する力が十分に働かないということです。

 

では、どうすれば免疫力が上がるのか。

 

1.体温を上げる。

体温を上げると健康になる [ 齋藤真嗣 ]

価格:1,512円
(2016/9/22 17:02時点)
感想(386件)


数年前、「体温を上げると健康になる」という本、ベストセラーになりました。私も買って読みましたが、この本によると体温を1℃上げると、免疫力がUPするそうです。

 

体温が上がると血行も良くなり、免疫を支配しているリンパ液の流れが良くなって、十分に機能するようになるということです。

 

また、癌細胞は熱が苦手です。 身体は暖かくした方が色んな事に有効で、健康を保ちます。

 

◆ 体温を上げる方法として一番簡単で効果的なのは「入浴」。

毎日、湯船につかりましょう!

 

38度くらいの熱すぎない温度で、15~20分の入浴が理想だそうですが、「20分」って、結構長いんですよね(汗)私も時計を見ながら20分間お湯につかってみました。・・・これを毎日は無理だなぁ~と、感じました。

なので、私は10分以上入る、と勝手に決めました。 これなら続けられそうです^^;

 

2.腸内環境を整える。

腸には、免疫細胞である リンパ球の70% が集中しています。そして、癌に働く 腫瘍免疫の80% も腸に集中しています。つまり、腸内環境を良くすることが、免疫力UPに繋がるということ。

 

では、「腸内環境を整える」って、どういう事かというと、「腸内細菌の量と種類を増やすこと」です。腸内細菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」があり、腸内環境を良くするには「善玉菌」を増やすことです。

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

「善玉菌」を増やすには、乳酸菌ビフィズス菌納豆菌などを多く取り入れると効果的です。ヨーグルト、味噌、漬物などの発酵食品を食べましょう。

 

私は今、毎日、蜂蜜入りのヨーグルトと納豆を食べています。おかげで快腸です!風邪もひかなくなりました。

 

また、オリゴ糖食物繊維は腸内細菌の餌になります。 これらは、野菜(特に根菜)、くだもの、豆類に多く含まれています。 特に癌にはニンジンがおすすめと紹介されてることが多いです。

%e9%87%8e%e8%8f%9c

 

 

癌にならないために、その2 睡眠を摂る。

 

癌は夜行性です。 忙しい現代人には難しいかもしれませんが、22時には布団に入るのが理想です。22時以降に、成長ホルモンが活発に分泌されるため、その時間は身体を暖かくして休むと良いそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

癌にならないために、その3 笑う。

 

「笑う」ことで健康を取り戻した人の話を聞いたことがあると思います。映画にもなりましたね。それは実際にそういうことがある、という証拠でもあります。

 

癌細胞を殺す細胞(NK細胞)は、笑うことで正常値に保たれるという実験結果もあるように、笑うことは健康に直結してると言えるでしょう。

 

笑うと、ストレスも解消され、心身共にリラックスし、気分が揚がります。 すると、考え方もポジティブになり、免疫力も上がります。 クヨクヨして暗い顔していても何も解決しません。悩みは笑い飛ばすに限ります。(それが出来れば誰も苦労しないけど・・・汗)

%e7%ac%91%e9%a1%94

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

癌の多くは偶発的なもので、食や生活習慣に気を付けることで防ぐことができるそうです。

 

ただ、遺伝的要素を持ち合わせた癌が存在することは確かで、乳癌、卵巣癌、骨肉腫、大腸癌、などを患った家族がいるのであれば、自分も注意した方が良さそうです。

 

癌細胞は、正常な細胞が何らかの要因で少しづつ傷ついたことで発症し、止まることなく増え続けて腫瘍(しこり)と化します。早期発見で治る癌も多いです。

 

癌検診には面倒がらずに行きましょう!!