ブロッコリーには、「癌幹細胞」を75%殺す効果があると判明!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa

アメリカのサウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームが、

「ブロッコリーには、24時間以内に75.0%のがん細胞を死滅させ、増殖を控える。」

と、発表しました。

 

彼らは、癌予防の分野で注目されている(癌を引き起こす原因となる突然変異を抑える)栄養素、「フェネチルイソチオシアナート」が、アブラナ科の野菜 に含まれていることを見つけました。

 

そして人間の子宮頸がん細胞をペトリ皿に置き、PEITCを加えて観察した。その結果、24時間以内に75.0%のがん細胞が死滅。幹細胞自体を破壊することにも成功する。さらにマウスの肺組織にも効果を発揮し、がん細胞の成長を阻んでいることも確認された。

(出典:http://irorio.jp/daikohkai/20150511/227808/)

 

ブロッコリー、なかなかやりますねぇ~!
スーパーに行けば、一年中並んでいるポピュラーな野菜です。値段にばらつきがあるものの、特に高価な野菜というわけではありません。

 

今日、私もブロッコリー食べました。昨日も食べた、好きな野菜です。
お弁当に入れたりすると、彩りとして、または隙間埋め用にと、重宝で助かります。 見た目も、丸っとして可愛いですよね♪

 

このブロッコリー、実は癌に効くだけではないんです。
こんな可愛い顔して、すごく栄養価が高いって知ってますか?



ブロッコリーに含まれる栄養素

 

1. ビタミンA(皮膚や呼吸器の粘膜保護、目の健康を保つ)

2. ビタミンB1.B2(エネルギーの素)

3. ビタミンC(キャベツの3倍の含有量)

4. ビタミンE(強力な抗酸化作用を持つ、老化防止)

5. ビタミンK(骨の健康を保つ、血液を凝固させる)

6. カリウム(細胞内の酵素反応をコントロールする)

7. リン(骨、歯を形成)

8. たんぱく質(体を作る)

9. 食物繊維(便秘予防)

10.  葉酸(赤血球を作る)

11.  (血液中の赤血球を作っているヘモグロビンの主要成分)

12.  マグネシウム(骨を形成、精神安定)

13.  亜鉛(味覚、粘膜を正常に保つ)

14.  ポリフェノール(抗酸化作用、毛細血管の強化)

15.  カルシウム(骨の強化)

16.  グルコラファニン(LDLコレステロール値を下げる)

17.  フェネチルイソチオシアナート(癌予防)

18.  スルフォラファン(抗酸化作用)※ブロッコリースプラウトに豊富

19.  フラボノイド(強力な抗酸化作用)

20.  クロム(糖質、脂質の代謝促進、インスリン活性化)

21.  ビタミンU(胃酸の分泌抑制と、胃腸粘膜の新陳代謝促進)

22.  ルティン(天然色素、抗酸化作用)

 

こうしてみると、ブロッコリーには美容と健康に必要な栄養素が全て入っているようです!
なんて優秀な野菜なんでしょう!!

 

 

どんな病気、症状が予防・改善できる?

 

1. 癌

2. 骨粗しょう症

3. ピロリ菌

4. 高血圧

5. 不整脈

6. 便秘

7. 動脈硬化

8. 風邪(免疫力UP)

9. シミ、ソバカス

10.  鉄欠乏貧血

11.  胃腸疾患

12.  アンチエイジング

13.  ダイエット

 

 

ブロッコリーの簡単レシピ

 

◆ ブロッコリーの胡麻和え

出典:http://cookpad.com/recipe/3514928

◆ タコとブロッコリーのオリーブオイル炒め

出典:http://cookpad.com/recipe/2743892

◆ ブロッコリーのカニカマあんかけ

出典:http://cookpad.com/recipe/2870712

◆ じゃが芋とブロッコリーのマヨチーズ焼き

出典:http://cookpad.com/recipe/3341803

◆ ブロッコリーとしめじのベーコンサラダ

出典:http://cookpad.com/recipe/3078356

◆ ブロッコリーのお浸し

出典:http://cookpad.com/recipe/2880688

 

 まとめ

 

いかがでしたか?

 

今すぐ、ブロッコリーを買いに行きたくなりましたか?

 

ブロッコリーに含まれている栄養素は水溶性のものが多いので、茹でると水に流れ出てしまいます。
調理するときは、ゆで汁もお味噌汁などに利用しましょう。捨てるのはもったいないです!!

 

または、小房に分けて少量の水をふりかけ、ラップしてレンジでチンすれば栄養の流失をかなり防ぐことが出来ます。その場合、チンする時間に注意して下さいね。やり過ぎると水分が抜けてカチカチになるし、足りないと生のままで硬いです。

 

上手に調理して、美味しくモリモリ食べましょう~!