中村橋之助「不徳の致すところ」って、どういう意味?

 

出典:http://dechisoku.com/articles/68380.html

出典:http://dechisoku.com

14日、歌舞伎俳優の中村橋之助(51)が不倫報道を受け、記者会見を開きました。

 

週刊文春によると、お相手は京都の芸妓さん「市さよ」という方だそうで、20年来のお知り合いあいだとか。
↓ この方だそうです。 とてもお綺麗ですね!

出典:http://moneytalk.tokyo/entertainment/6351

出典:http://moneytalk.tokyo/entertainment

 

私的には、「歌舞伎俳優と芸妓さん」何かあったとしてもおかしくないだろうし、『芸の肥やし』と言ってしまえばそれまでだろうし、とにかく、どんな関係なのかについては全く持って、どうでもいい話。

 

ただ、記者会見を見ていてすごく気になったのが、「不徳の致すところ」という説明。

 

記者が二人の関係について、具体的な関係を質問するたびに、「それは私くしの不徳の致すところをでございます。」と言って逃げた。

 

そのせいで、結局どうなのか全然わからず終いで、納得のいかない後味の悪い記者会見だった。

 

橋之助が連発した「不徳の致すところ」って、本来はどういう意味なのでしょうか。




 

そもそも、「不徳」とは?

 

「不徳」=「不道徳」だそうです。

不道徳とは、「人の道にそむくこと」という意味で、

人の道にそむくとは、「モラルにかけている」という意味で、

モラルとは、「倫理」ということです。

では、「倫理」とは、なんぞや。 「倫理」とは、『人として守るべき道』なんだそうです。

 

 

「不徳の致すところ」って、何?

 

コトバンクによると、「自分の不徳のため引き起こしたこと。失敗や不都合のあったとき、謝罪の意味で使うことば。」ということです。

 

また、「自分の不徳が原因で,好ましくない事態になったこと。」とも書いてあります。

 

つまり、「自分の不道徳のせいでこのような迷惑をかけてしまい、責任は全て自分に有る。」とする謝罪の意です。

 

 

まとめ

 

不徳の致すところ」の意味はわかったものの、橋之助さん、記者の「不倫関係はあったのか?」に質問に対しても、「不徳の・・・」と答えています。

 

はたしてこの言葉、こういう使い方で正しいのかな?という疑問は残りました。

 

「不倫はあったのか?」に対する返事は、普通だったら「yes」か「no」かの、二者択一でないとおかしいですよね。

 

みなさんは、いかがだったでしょうか。